鎌倉版 掲載号:2015年5月29日号 エリアトップへ

5月5日に行われたカヌーのインターハイ神奈川県予選で優勝した 有村 啓吾さん 県立鎌倉高校3年

掲載号:2015年5月29日号

  • LINE
  • hatena

最後の全国で頂点に挑む

 ○…5月5日に清川村の宮ケ瀬湖で行われたカヌー競技のインターハイ県予選。男子カナディアンシングルで優勝し、8月に行われる全国大会の切符を手にした。決勝は2位に15秒以上の大差をつける危なげない展開。「1秒差で負けた昨年の悔しさをバネに、厳しい練習をしてきたので自信はあった。優勝できて達成感がある」と勝利の味をかみしめる。

 ○…カヌーを始めたのは小学1年生のとき。自宅近くの引地川で「湘南カヌースポーツクラブ」の練習を見かけ、「おもしろそう」と入団を決めた。「運動神経のあるなしに関係なく、練習した分だけ速くなれる」と競技にどんどんのめり込み、小学3年生のころにはカヤックで全国大会に出場するほどの実力に。中学生になるとカヌーのペア競技を軸に、各地の大会で活躍した。

 ○…鎌倉高校進学後も、カナダで行われた世界ジュニアに日本代表として出場するなどペアで実績を残した。「インターハイ優勝」を目標にしてきたが、パートナーの引退で状況が一変。高校1年生の秋に急きょシングルへ転向した。「漕ぐ感覚がペアのときとは全然違う」と調整に苦しみ、試合で思うような成績を出せない時期が続いた。自暴自棄になりかけたこともあったというが、カヌーにかける情熱が消えることはなかった。「やっぱり勝ちたい」と練習に没頭。今大会では、コツコツと磨き続けてきた技術が見事に結実した。それでも「千葉に強い選手がいる。課題である中盤以降をもっと強化しないと勝てない」と油断はない。

 ○…「高校卒業後は海上保安官になって、海の安全を支える力になりたい」ときっぱり。夢の実現に向けて、忙しい練習の合間をぬって勉強にも励む。「大会に出るのは、今年が最後と決めている。6月の関東大会、その後のインターハイで有終の美を飾りたい」。力強い眼差しの先に、頂点を見据えている。

鎌倉版の人物風土記最新6

町田 隆彦さん

「鎌倉だいこん未来研究クラブ」の会長を務める

町田 隆彦さん

由比ガ浜在住 56歳

12月6日号

河野 翔太さん

はんだ付けコンテスト世界大会に日本代表として出場した

河野 翔太さん

寺分在住 26歳

11月29日号

寺田 しのぶさん

今日から12月1日まで鎌倉芸術館で個展を開催する仏画師

寺田 しのぶさん

藤沢市在住 56歳

11月22日号

中田 由美子さん

押し花作家として県押花芸術展グランプリを受賞し、地域での講習にも取り組む

中田 由美子さん

常盤在住

11月15日号

佐々木 真史さん

日本基督教団鎌倉教会で始まった新人芸術家支援活動のプロデューサー

佐々木 真史さん

東京都在住 51歳

11月8日号

伊藤 玄二郎さん

「かまくら春秋社」の代表で、このほど神奈川文化賞を受賞した

伊藤 玄二郎さん

藤沢市在住 75歳

11月1日号

五十嵐 めぐみさん

大船ハロウィンウォークを発案したNPO法人hinataboccoの代表理事

五十嵐 めぐみさん

大船在住 42歳

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク