鎌倉版 掲載号:2015年9月18日号 エリアトップへ

原文にこだわり『源氏物語』の魅力を伝え続ける 田中 順子さん 岡本在住 74歳

掲載号:2015年9月18日号

  • LINE
  • hatena

「古語で読む感動知って」

 ○…千年の時を越え、今なお多くの人を魅了する『源氏物語』。原文からその魅力に迫り続けている。県内外での勉強会や講演、執筆など精力的に活動しており、19日には鎌倉芸術館で、講演会を開く(申し込みは終了)。「古語ですから簡単ではありません。でも紫式部が書いた素晴らしい原文には、日本人なら誰しもが感じる何かがある。それを少しでも知ってもらえたら」と微笑む。

 ○…東京都出身。大学卒業後は、鎌倉市内や都内の小中学校、定時制高校で国語教諭として働いた。源氏物語との出会いは40代に入ってから。大学時代の恩師が主宰する勉強会に参加したことがきっかけだ。「『いづれの御時にか―』で始まる一文を読んだその瞬間、壮大な世界が頭のなかにイメージとして立ち上るのを感じました」。その後はとりつかれたように原文を読み、研究書を漁った。

 ○…しかし自身が受けた感動とは裏腹に「性愛や光源氏の女性遍歴だけが取り上げられている」ことに違和感を覚えるようになった。やがて「現代語訳やあらすじでストーリーを追っても、そこに描かれた登場人物たちの心、物語の奥深さは伝わらない」と確信。1996年に友人との共著で『イメージで読む源氏物語桐壷』を出版したのを皮切りに、原文で読むための手引書をいくつも著してきた。

 ○…鎌倉に住むようになったのは結婚後の1966年。教師として働きながら2人の息子を育て、研究にも没頭した。とは言え「象牙の塔」に引きこもるタイプではない。映画やクラシック音楽を愛し、鎌倉交響楽団では最近までビオラ奏者として活躍。お酒も大好きだ。「人生観まで変わってしまった。本当に大変なものに出会っちゃったわ」。源氏物語を語る口調は本気とも冗談ともつかないが「あと4冊は書く責任があるの」と笑う。それには最低でも10年は必要。世紀を超えた紫式部との対話は、生涯かけて続くに違いない。

鎌倉版の人物風土記最新6

荒賀 直子さん

市内山崎に開学する湘南鎌倉医療大学の学長に就任する

荒賀 直子さん

東京都在住 74歳

3月27日号

木村 吉貴さん

休校中の子ども向けに無料の「文章教室」を開催中のコピーライター

木村 吉貴さん

寺分在住 42歳

3月20日号

龍口 健太郎さん

日本で唯一の応援を事業とする会社「(株)令和応援団」を設立した

龍口 健太郎さん

由比ガ浜在住 26歳

3月13日号

江尻 敬さん

湘南日仏協会の会長を務める

江尻 敬さん

稲村ガ崎在住 71歳

3月6日号

長尾 宏道さん

建長寺の宗務総長に就任した

長尾 宏道さん

栃木県出身 63歳

2月28日号

浮嶋 敏さん

湘南ベルマーレのトップチーム監督としてシーズン開幕戦に臨む

浮嶋 敏さん

52歳

2月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク