鎌倉版 掲載号:2016年3月4日号
  • LINE
  • はてぶ

NPO法人「山崎・谷戸の会」の理事長を務める 相川 明子さん 梶原在住 65歳

「里山の景色残したい」

 ○…鎌倉中央公園が全面開園して10年。同園の景観や昔ながらの田畑を守り継いできたNPO法人「山崎・谷戸の会」は3月19日、鎌倉生涯学習センターで記念フォーラムを開催する。「これまで中央公園に関わってくれた数々の関係者にご登場頂きます。谷戸の会と市、公園協会の3者の協働で整備してきた公園のこれまでを、多くの人に知ってもらえれば」と穏やかな表情で語る。

 ○…東京都出身。親の転勤で中学生のとき、梶原へ。自宅の周辺には緑が多く、「木々に囲まれた生活が自分にとっての当り前でした」と振り返る。結婚し子育てに奮闘するなかで「娘を自然のなかでめいっぱい遊ばせたい」と1985年、保護者らが持ち回りで子どもたちを野外で遊ばせる自主保育グループ「なかよし会」を立ち上げた。現在の中央公園が同会の主な活動場所で、「子どもたちは葉っぱと棒切れ一つあればいくらでも遊べる。里山の魅力について改めて気づかされました」と話す。

 ○…そんな同園一帯は66年には既に公園になる都市計画が発表されていたが、90年に里山の景観がほとんど残らない整備の方針が明らかになった。「寝耳に水でとても驚きました」。少しでも自然を維持したいと同年、山崎の谷戸を愛する会(後の山崎・谷戸の会)を発足。同園で活動する他の団体とともに15年にわたる工事期間中、景観保持を市に訴え続けた。それと同時に周辺住民らに農作業を習い、田畑の保全にも力を入れた。「中央公園が昔の里山を感じることができる、身近な自然としてあり続けられたら。この景色を後世に伝えていきたい」と今日も山中を駆け巡る。

 ○…山崎の谷戸で泥んこになっていた娘たちは現在、自分たちが子育てをする番になっている。「一人は横浜で野外活動をする自主保育に関わっています。今でも自然を好きでいてくれて、何だかうれしいですね」とほほえんだ。

鎌倉版の人物風土記最新6件

後藤 尚子さん

50周年を迎えた鎌倉彫会館の館長

後藤 尚子さん

10月19日号

仲田 順昌(じゅんしょう)さん

覚園寺の第31代住職に就任した

仲田 順昌(じゅんしょう)さん

10月12日号

大箭(おおや) 晃義さん

写真集『苔に光る 鎌倉の石仏』を出版し、10月20日に講座を開く

大箭(おおや) 晃義さん

10月5日号

津田 康有さん

「オクトーバーフェスト」を主催する鎌倉商工会議所青年部鎌倉ビジョン委員会委員長

津田 康有さん

9月28日号

瀬戸 たまさん

全日本武術太極拳選手権大会で3位入賞を果たした

瀬戸 たまさん

9月21日号

織田 百合子さん

今号で最終回を迎えた本紙連載コラム『鎌倉と源氏物語』の筆者

織田 百合子さん

9月14日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「生活改善の機会に」

「生活改善の機会に」

薬剤師会が健康フェア

10月28日~10月28日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク