鎌倉版 掲載号:2016年11月18日号 エリアトップへ

「腰越ぶらり呑み歩きの日」の実行委員長を務める 中丸 潤さん 腰越出身 37歳

掲載号:2016年11月18日号

  • LINE
  • hatena

「腰越が好きだから」

 ○…11月26日(土)、腰越地域で初めて開催される「腰越ぶらり呑み歩きの日」の実行委員長を務める。江ノ電が唯一路面を走る「電車通り」を中心に14店舗が参加し、チケットを1枚購入すると3店舗でおすすめの一品とドリンクを楽しめ、はしごできるというこのイベント。地元企業や飲食店オーナー、有志らとともに準備に奔走する。「多くの方に腰越の魅力に触れてほしい」と意気込みを語る。

 ○…腰越生まれ腰越育ち。小さいころはサッカーやバスケに明け暮れたスポーツ少年だった。県立七里ガ浜高校を卒業後、都内の大学へ進学。機械工学を専攻し、所属した研究室ではソーラーカーの製作に設計担当として携わった。秋田で開催された国際大会では同大学史上初となる6位入賞の快挙を達成するなど、充実した日々を過ごしたようだ。周りがエンジニアとしてメーカーに就職するなか「いろいろな人と出会い、関われる仕事がしたい」と自動車部品を扱う会社に営業として就職。その面白さにのめり込んだ。

 ○…転機となったのは昨年6月、腎臓を患い1カ月間入院したことだった。それまで仕事一筋だったが、ふと立ち止まるきっかけとなったという。「就職して腰越を離れると良い所、悪い所両方が見えたが、自分にとって一番大切な場所だとわかった。またいつ、何が起こるかわからない。生まれ育ったこの地域に、今自分ができることをしようと決めた」と、活動母体となる団体を入院中に設立。今年の6月から「呑み歩き」の準備を進めてきた。

 ○…実家は江戸時代末期から腰越に居を構え、父は数少ない現役の行商として海産物の販売を続けている。妻と8歳になる息子の3人で現在は藤沢市鵠沼に住んでいるが、「近い将来必ず戻るつもり。義理人情に厚い、腰越の個性である古き良き時代の雰囲気を生かして将来の世代に活気ある街を残したい」とまっすぐな眼差しで前を見つめた。

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク