鎌倉版 掲載号:2017年1月27日号 エリアトップへ

『鎌倉千年の歩み 段葛からのオマージュ』を出版した 浅田 勁(つよし)さん 綾瀬市在住 72歳

掲載号:2017年1月27日号

  • LINE
  • hatena

「鎌倉の歴史極め伝えたい」

 ○…昨年春、1年半に及ぶ改修工事を終えた段葛。その歴史を追ったコラムを同年1月から3月まで、神奈川新聞で連載した。この時の原稿をもとに写真や年表なども加えた『鎌倉千年の歩み 段葛からのオマージュ』をこのほど出版した。「一つの場所を中心に、鎌倉幕府の誕生から現在までの歴史をたどった書籍は珍しいはず。これからのまちづくりにも生かしてもらえたらうれしい」と微笑む。

 ○…神奈川大学在学中は、経済学者・大熊信行氏のゼミに所属。恩師には特に目をかけられ「かばん持ち」として仕事先に同行することが度々あったという。特に印象に残ったのが新聞社だった。「コラムを掲載していた会社に先生が赴いて、文章の調整を締め切りぎりぎりまでやっていた姿をよく覚えています。そんな先生の情熱に応える業界の熱気にも圧倒されました」と振り返る。大学卒業後は神奈川新聞社で記者となり、地域を駆け回った。30人が亡くなった1974年の伊豆半島沖地震など過酷な現場取材も数多く経験。「とにかくがむしゃらに駆け抜けましたね」と当時を懐かしむ。

 ○…地域の歴史を調べ始めたのは、50代に入り同社の横須賀支社長を務めていた頃。同地を治めた豪族・三浦一族に興味を抱いたことがきっかけだ。「源頼朝が鎌倉幕府を開くには、三浦氏をはじめとした相模の豪族の支えが必要不可欠だった。日頃は光の当たらない『裏側』を知ることで、歴史にどんどん魅せられていきました」と笑う。次第に調査の対象は鎌倉へ。退職後も研究を続け、これまでに5冊の歴史書籍を発表してきた。

 ○…「権力争いが続いた鎌倉時代は血なまぐさい印象があるけれど、流鏑馬や静の舞など華やかな文化もある。その二面性がたまらない」と目を輝かせる。「死ぬまでに鎌倉時代を極めたい。次は相模の武士について書くつもりです」とペンを握る手に力を込めた。

鎌倉版の人物風土記最新6

和田 冨岳さん(本名:和田冨士子)

70周年を迎えた鎌倉彫刀華会の会長を務める

和田 冨岳さん(本名:和田冨士子)

長谷在住 80歳

4月16日号

菅原 朝美さん

「アルファベットカード」の製作、放課後かまくらっ子への配布を目指す

菅原 朝美さん

藤沢市在住 42歳

4月9日号

河本 蓮大朗さん

古着で織った作品を建長寺などで展示する染織作家

河本 蓮大朗さん

二階堂在住 29歳

4月2日号

高畠(たかはたけ) 薫さん

動画投稿サイトの「寺歌」シリーズが話題の歌手

高畠(たかはたけ) 薫さん

山ノ内在住 41歳

3月26日号

染川 真弓さん

「音楽で世界を旅する」をテーマに、コンサートを開催するピアニスト

染川 真弓さん

常盤在住 51歳

3月12日号

板生 郁衣さん

西洋哲学の入門書『14歳からの哲学サロン』(銀の鈴社)を出版した

板生 郁衣さん

浄明寺在住 74歳

2月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter