鎌倉版 掲載号:2018年2月23日号 エリアトップへ

今年で第10回を迎えた鎌倉子供囲碁大会の実行委員長 近藤 奎五さん 西鎌倉在住 82歳

掲載号:2018年2月23日号

  • LINE
  • hatena

囲碁の魅力 子どもたちに

 ○…今年で10回目を迎えた「鎌倉子供囲碁大会」の実行委員長を、第1回目から務めている。2月18日に光明寺で開催した大会には約170人が出場。盤上をじっと見つめ、戦略を練りながら一手ずつ碁石を打つ子どもたちの姿に「真剣勝負を楽しんでいるのが伝わってくる。地域の保護者らと協力し、大会運営を続けてきたが、子どもの喜ぶ姿が、私にとって一番のご褒美」と笑顔を見せる。

 ○…徳島県出身。囲碁との出合いは小学2年のときだった。自宅近くに住む若者に誘われ、「布石の基本のほか、『鶴の巣ごもり』という面白いテクニックも教えてもらった」。相手の裏をかいて勝機をつかむ見事な技に魅了され、「碁の虜になった」という。用具は高価だったため、紙で碁盤と碁石を手作りし、自宅で鍛錬に打ち込んだほか、新聞に掲載されている棋譜を熟読するなどして腕を上げていった。現在は「7段格」の腕前だ。

 ○…終戦を迎えたのは10歳のころ。「大きなショックを受け、これからいかに生きるべきかと悩んだ」という。思案した結果、「産業で国を立て直すしかない」と、猛勉強の末、京都大学に進学。工学部を卒業し、原子力発電所の設計の道に進んだ。79歳まで現役で活躍したが、その間も楽しみとして囲碁を続けてきた。「右脳と左脳がバランス良く発達するとされる囲碁を子どもの教育に役立ててほしい」との思いから、2002年に「西鎌倉子供囲碁教室」を開校。15年以上経ったいまも毎週土曜、妻やほかの講師たちとともに教えている。

 ○…美しい海に惹かれ鎌倉に移り住んで46年。鎌倉は「人情に厚く、公に尽くそうという意識の高い人が多い街だと感じる」。今後の目標は囲碁人口の拡大だ。「七冠独占を2度果たした井山裕太さんの国民栄誉賞受賞で関心が高まったと思う。さらに多くの子どもに魅力を伝え、囲碁界の発展に期待したい」

鎌倉版の人物風土記最新6

板生 郁衣さん

西洋哲学の入門書『14歳からの哲学サロン』(銀の鈴社)を出版した

板生 郁衣さん

浄明寺在住 74歳

2月19日号

堀米 剛さん

「鎌倉みんなのスタジアム」事業を中心となって進める

堀米 剛さん

笹目町在住 41歳

2月5日号

岡田 厚さん

『鎌倉の谷戸と廃寺&古絵図』を自費出版した

岡田 厚さん

西鎌倉在住 73歳

1月29日号

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク