鎌倉版 掲載号:2018年12月21日号 エリアトップへ

JOCジュニアオリンピックカップの女子バレーボール県代表に選ばれた 長澤 さくらさん 長谷在住 14歳

掲載号:2018年12月21日号

  • LINE
  • hatena

熱意でつなぐボールと夢

 ○…12月25日に開幕する「JOCジュニアオリンピックカップ第32回全国都道府県対抗中学バレーボール大会」。約280人の中から体力・実技の選考を経て「夢だった」という神奈川県女子代表チームのメンバー12人に選ばれた。「特にバレー経験者の姉が喜んでくれて、ご褒美にお菓子をくれました」と照れ臭そうに話す。

 ○…ポジションはライト。178cmの長身を生かしたスパイクやブロックに期待がかかる。身長は190cm以上ある父親譲り。「特別伸ばそうと意識したことはない」というが、気付けば中学入学から20cm以上伸びている。すでに始まっている選抜チームの練習では他校のメンバーとも打ち解け、「いじられ役」として場を盛り上げる。「上手な人に囲まれての練習がすごく楽しい。目指すは日本一」とはにかむ。

 ○…小学1年でバレーボールを始め、横浜市の選抜選手に選ばれたこともあった。中学入学を機に鎌倉へ。当時のバレーボール部は関東大会にも出場する強豪で「先輩たちが強くて憧れでした」と入部を決めた。しかし同学年の選手はわずか2人。翌年は入部者ゼロで、部は存続の危機に陥った。今年は初心者ばかりだが、男女6人の新入生が入部。同級生と共に後輩をフォローしながら腕を磨いた。「人数は少ないけれど県大会にも出場できたし、選抜選手にも入れた。バレーを続けてよかった」と振り返る。

 ○…部活動はすでに引退したが、後輩たちのことはやはり気になるそうで、つい様子を見に部活に顔を出すのだという。現在は受験勉強の真っ最中で、選抜の練習がない日の放課後は塾にも通う。志望校は「やっぱりバレーの強いところ」。さらなる活躍の舞台へ、ライバルよりも高く高く飛躍する。

鎌倉版の人物風土記最新6

ひぐち かよさん

鎌倉警察署が企画した「詐欺退散」御朱印の絵を描いた

ひぐち かよさん

腰越在住 38歳

10月23日号

木田 浩理(ひろまさ)さん

データの分析・活用と人材育成についての著書を出版した

木田 浩理(ひろまさ)さん

台在住 40歳

10月16日号

亀山 和明さん

鎌倉の「海」を描き続ける画家

亀山 和明さん

七里ガ浜在住 59歳

10月9日号

渡邊 令恵(ふみえ)さん

競技かるた「永世クイーン」で鎌倉山かるた会を主宰する

渡邊 令恵(ふみえ)さん

笛田在住 56歳

10月2日号

村岡 俊也さん

『新橋パラダイス 駅前名物ビル残日録』を出版した

村岡 俊也さん

二階堂在住 42歳

9月25日号

藤井 まりさん

精進料理塾「禅味会」を主宰し、国内外でその魅力を伝える

藤井 まりさん

稲村ガ崎在住 73歳

9月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク