鎌倉版 掲載号:2019年3月1日号 エリアトップへ

藤沢市アートスペースで3月21日(木)まで開かれている企画展に作品を展示する 今村 洋平さん 材木座在住 40歳

掲載号:2019年3月1日号

  • LINE
  • hatena

凹凸が生む独創的な世界

 ○…1960年代のアメリカでブームとなったシルクスクリーン版画。その技法をアレンジし、インクを堆積させ立体的にする独自の作品を発表し続けている。21日まで藤沢市内のギャラリーで開催されている企画展では、起伏に富んだ山や色彩豊かな幾何学模様を描いた17点が並ぶ。中には1年以上かけて約4800回も刷り重ねた作品も。「多くの人の目に留まり、込めた思いをキャッチしてもらえれば」

 ○…福岡県福岡市生まれ。「幼い頃から手先は器用な方。コツコツと作業するのが好きだった」。特に画家・山下清氏のTVドラマに影響を受けて、切り絵作りに没頭していたという。20歳で東京造形大学に合格。在学中は、直径数ミリのエアガン用の弾をひたすら均一に並べた縦横2mの作品を制作したことも。「ホビーショップで弾の在庫を全て買い占めた。同級生の中でもかなり浮いた存在だったと思う」と笑う。

 ○…大学の授業でTシャツプリントなどにも用いられるシルクスクリーンと出合う。一般的には数回しか刷らないが、何度もインクを重ねると凹凸が生まれることを発見。「インクの物質感に魅かれた。シンプルな技法だからこそ、緻密な表現ができる」と現在に至るスタイルを築いていった。「作品を見て『音楽を聞いているようだ』という方もいる。反応に驚かされることばかりですね」

 ○…10年前に鎌倉に移住。妻と息子、最近生まれたばかりだという娘と暮らす。「家族みんなの寝顔を見るのが楽しみ」と顔をほころばせる。現在は植木職人として働く傍ら、今夏開催される「あいちトリエンナーレ2019」に出品する新作を制作中。「作業に時間が掛かるのが難点。いつかチームを組んで大きな作品を作り、たくさんの人に感動を与えたい」

鎌倉版の人物風土記最新6

本多 理恵子さん

レシピ本大賞エッセイ賞を受賞した『料理が苦痛だ』の著者

本多 理恵子さん

雪ノ下在住 54歳

10月11日号

齋藤 俊光さん

鎌倉芸術館の総括責任者を務める

齋藤 俊光さん

川崎市在住 59歳

10月4日号

松原 洋平さん

「オクトーバーフェスト」を主催する鎌倉商工会議所青年部鎌倉ビジョン委員会委員長

松原 洋平さん

大船在住 34歳

9月27日号

矢野 元晴さん

自身初となる画集「平成鎌倉の記憶」を出版した水彩画家

矢野 元晴さん

浄明寺在住 30歳

9月20日号

高橋 健治さん

NPO法人鎌倉ガイド協会の会長を務める

高橋 健治さん

腰越在住 75歳

9月13日号

高橋 浩太郎さん

全国消防救助技術大会「ロープブリッジ渡過」種目でトップタイムを記録した

高橋 浩太郎さん

城廻在住 29歳

9月6日号

生駒 光識(みつのり)(蘭嵩)さん

神奈川県美術展「書」部門で大賞を受賞した

生駒 光識(みつのり)(蘭嵩)さん

西御門在住 60歳

8月30日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ピアノ・歌曲の演奏会

ピアノ・歌曲の演奏会

10月31日 藤沢市民会館

10月31日~10月31日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク