鎌倉版 掲載号:2019年12月6日号 エリアトップへ

「鎌倉だいこん未来研究クラブ」の会長を務める 町田 隆彦さん 由比ガ浜在住 56歳

掲載号:2019年12月6日号

  • LINE
  • hatena

”伝説の大根”を新名物に

 ○…約800年前に起きた大飢饉から多くの人を救った「鎌倉大根」を現代に復活させようと、地元農家らと連携し、古来種の種から食用として大根を栽培する「鎌倉だいこん未来研究クラブ」。今年5月、メンバー100人以上を取りまとめる会長に就任した。「歴史の重みと共にたくさんの人が鎌倉大根を味わってもらえれば」

 ○…東京都東大和市生まれ、埼玉県所沢市育ち。高校卒業後、脇役俳優として数々の映画やテレビに出演。「地球防衛隊長として戦隊モノに出たこともあるんですよ」と照れ笑い。その後、喫茶店のウェイターや歌手のマネージャーのほか、「当時ブームだった」というUFO(未確認飛行物体)などのビデオ制作会社や劇団の運営会社などさまざまな職業を経験した。「興味が湧いたことはやらずにはいられなかった」と振り返る。

 ○…「鎌倉に住むことが夢だった」という妻のために3年前、都内から由比ガ浜に移住。「美しい景色や人と人とのつながりの強さに心打たれた」と魅力を語る。今年の初め、食事に訪れた大根料理店「福来鳥」で、店主の佐藤祐実那さんからクラブの概要や佐助稲荷神社から伝わる逸話を聞き、「伝説の野菜をよみがえらせるなんてロマンを感じる」と、すぐに入会した。「商品化するにはまだ課題はあるが、いつか一般家庭の食卓に並ぶくらい当たり前の食材にしたい」

 ○…約2万9000人のメンバーがいるフェイスブックページ「鎌倉大好きCLUB」の管理人としての顔も持つ。趣味はプロ野球観戦。西武ライオンズの大ファンで、山川穂高や森友哉がお気に入りという。「ファンに夢を届ける選手のように、私も日々の活動を通して周囲に笑顔をもたらす存在になれれば」

鎌倉版の人物風土記最新6

廣田 善幸さん

鎌倉バレーボール協会会長でこのほど神奈川県体育功労者として表彰された

廣田 善幸さん

藤沢市在住 73歳

1月24日号

光成 佳世さん

深沢中学校の通学路「危険マップ」を発案した

光成 佳世さん

梶原在住 42歳

1月17日号

大田 裕多佳さん

県私立学校教育功労者表彰を受賞した学校法人早見芸術学園の理事長

大田 裕多佳さん

小町在勤  65歳

1月10日号

牧田 芳明さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

牧田 芳明さん

由比ガ浜在住 39歳

1月1日号

櫻井 純子さん

祖母の生き方を例に、終末期の医療福祉連携体制を考える催しを開く

櫻井 純子さん

岩瀬在住 42歳

12月20日号

飯森 範親さん

鎌倉芸術館で開催される「日本語で歌う『第九』歓喜の歌」を指揮する

飯森 範親さん

56歳

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク