鎌倉版 掲載号:2020年10月30日号 エリアトップへ

鎌倉文学館のバラ園の維持管理を16年にわたって担当する 荒 省三さん 長谷在住 81歳

掲載号:2020年10月30日号

  • LINE
  • hatena

第2の人生、バラ色の日々

 ○…鎌倉文学館のバラ園で維持管理をして16年。「春はコロナ禍で『無観客試合の虚しさ』を感じた。誰にも見てもらえないまま咲いた花を、秋のために切らないといけなかったから」。人間界の喧騒をよそに、バラは今秋も美しく咲き、来館者を楽しませている。「ようやくという感じだね」と笑う。

 ○…「あんた、バラ好きかい」。退職後、シルバー人材センターに登録して間もなく、後継者を探していたバラ園の担当にと声がかかった。水力発電所の現場監督として全国を飛び回っていた現役時代から、各地で気に入った苗木があれば買って帰るほど、植物は好きだった。「近所だし自分でよければ」と引き受けたものの、繊細なバラの維持管理は難しく、「勉強の日々」が始まった。

 ○…1年半で前任者は引退。その後は1人で剪定をし、花弁や葉を片付け、除草などの仕事を担ってきた。知識と技術を高めようと、藤沢バラ会に入会し、日本大学の農場での実践などで経験も積んだ。今では、妻と暮らす自宅には100鉢のバラが並ぶ。「ようこそ鎌倉文学館バラ園へ」と題したウェブサイトを立ち上げ、日々の様子や育て方を紹介するなど、すっかりバラに魅了された毎日を送る。

 ○…維持管理の傍ら、夢見てきたのが新たな品種を生み出すこと。目指すのは、尊敬する鎌倉の育種家・大月啓仲さんの「鎌倉」を母体とした、黄色の大きな花をつける品種。「名前も『ビッグムーン』と決めてある。和訳すると大きな月。大月さんに捧げるバラを作りたくて」。一度は開花に成功したものの、翌年に枯れてしまい、また振り出しに。「以来、失敗続き。バラって難しい。それが面白いんだけどね」。そう話す表情は愛おしさにあふれていた。

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク