鎌倉版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

5月15日から伊豆の国アートビレッジで「水彩画展」を開催する 堀 明子(めいこ)さん 梶原在住 57歳

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena

日常で感じた想い絵に込める

 ○…伊豆の国アートビレッジで5月15日から、水彩画展を開催する。展示する作品は、ゆで上げられて真っ赤になったイセエビや串に刺さった団子、刺身盛りなど食べ物が多い。「絵にしたくなるのは好きなもの。美味しいそう、と思うと描きたくなる」と笑う。

 ○…米国ボストン生まれ。物心つく頃には日本に戻り、11歳まで鎌倉で過ごした後、つくば市へ。幼いころは「目立ちたがり屋」。絵を描くのが好きで、友だちや親せきの顔を描いて喜ばせていた。しかし団体職員として働きだした20代は暗転する。周囲と合わせることができず、次第に精神を病んだ。外に出ること、人と会うこともできなくなり「辛くて暗い毎日だった」。

 ○…「絵を学んでみれば」。母の言葉をきっかけに美術学校に通いだすと、絵が好きだったことを思い出し「生活に少しずつ色がつくようになった」。30歳を過ぎて祖母の介護のため上京。祖母との生活の中で「もっと介護のことを知りたい」と高齢者施設で働きはじめた。入居者相手に絵画教室を開いたり、得意なハーモニカの演奏を披露すると多くの人が喜んでくれたという。「自分が誰かの役に立っていると感じて、ここに居てもいいんだなと思えた」。探し続けていた「居場所」がようやく見つかった。

 ○…その後、鎌倉に戻り、現在は高齢者施設で働きながら創作活動を続けている。2年前には初めての個展を開催。今回の水彩画展はその時に作品を見た、洋画家でアートビレッジの代表を務める中西繁さんから声をかけられて実現した。「お店で美味しそうな魚を見つけると構図が浮かぶ。今は点描での風景画にも挑戦しています」。新しい自分と出会うために、これからも絵筆を握り続ける。

鎌倉版の人物風土記最新6

矢萩 美貴子さん

60周年を迎えた(一社)いけばなインターナショナル鎌倉支部の支部長

矢萩 美貴子さん

横浜市在住 53歳

6月4日号

河内 一馬さん

鎌倉インターナショナルFCの監督兼ブランディング責任者を務める

河内 一馬さん

材木座在住 28歳

5月21日号

崎山(さきやま) 直夫(ただお)さん

4月1日付で新江ノ島水族館の館長に就任した

崎山(さきやま) 直夫(ただお)さん

藤沢市在住 52歳

5月14日号

堀 明子(めいこ)さん

5月15日から伊豆の国アートビレッジで「水彩画展」を開催する

堀 明子(めいこ)さん

梶原在住 57歳

5月7日号

中村 恒克(つねよし)さん

長谷寺の「絆観音菩薩像」を制作した彫刻家

中村 恒克(つねよし)さん

横浜市在住 35歳

4月30日号

山本 勉さん

鎌倉国宝館の館長に就任した

山本 勉さん

海老名市在住 67歳

4月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

  • 5月21日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter