鎌倉版 掲載号:2021年10月29日号 エリアトップへ

世界最大規模の2つの国際写真賞で入賞したフォトジャーナリスト 高橋 智史さん 浄明寺在住 40歳

掲載号:2021年10月29日号

  • LINE
  • hatena

「命がけの一瞬」、世界へ

 ○…パリ国際写真賞に続き、世界最大規模の米国の国際写真賞「インターナショナル・フォトグラフィー・アワード」で5作品が入賞した。中でもプロ・報道写真、その他部門2位となったのが、カンボジアの人権弾圧に立ち向かう女性活動家テップ・バニー氏の姿。15年間、自身も命がけで取材してきただけに思い入れも強い。「受賞を機に彼女の願いと勇気に大きな光が当たれば」

 ○…秋田市出身。「戦争などで苦しむ弱い立場の人を支えたい」と学ぶ中で、現状を伝える重要性に気付かされた。そこで手にしたのがカメラ。1枚で現場の空気感や人々の思いを伝えられる写真には「強い力がある」と日本大学芸術学部写真学科へ進学。在学中の2003年から国外での取材を開始した。

 ○…危険と隣り合わせの仕事への「最大の理解者」である妻の地元・浄明寺へ移り住んで3年。鎌倉に来て、今も感じ続けているのは、カンボジアのアンコール・ワットのある街と似た独特の空気。「歴史ある観光地としての誇りや伝統、史跡、各地から訪れる観光客――。まだまだ知らない場所、シャッターを切ってみたい場所がたくさんある」と意欲的だ。

 ○…注力してきたカンボジアでの取材写真は、18年に写真集として出版。国内外の数々の写真賞を受賞した。コロナ禍で国外での活動が難しい今、主軸として撮影しているのが、冬の風物詩であるハタハタ漁や男鹿半島のなまはげ、国内最北のお茶など、故郷秋田県の「受け継がれしものたち」だ。場所やテーマが違っていても被写体の命がけの一瞬、情熱ある一瞬、今しかない一瞬を写す時に感じる「心の高鳴り」が自身をさらに奮い立たせる。「僕も命と情熱をかけて、シャッターを切り続けたい」

鎌倉版の人物風土記最新6

兵藤 芳朗さん

創立70周年を迎えた鎌倉稲門会の会長

兵藤 芳朗さん

高野在住 72歳

11月19日号

山口 智さん

Jリーグ・湘南ベルマーレ(鎌倉もホームタウン)の新監督

山口 智さん

43歳

11月12日号

小島 政行さん

かまくら市民活動フェスティバルの 実行委員長を務める

小島 政行さん

藤沢市在住 72歳

11月5日号

高橋 智史さん

世界最大規模の2つの国際写真賞で入賞したフォトジャーナリスト

高橋 智史さん

浄明寺在住 40歳

10月29日号

原口 翔太郎さん

ビーチサッカーW杯ロシア2021大会で準優勝した

原口 翔太郎さん

山崎在住 34歳

10月22日号

渡邉 祐介さん

鎌倉市倫理法人会の新会長

渡邉 祐介さん

由比ガ浜在住 45歳

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook