鶴見区版 掲載号:2017年1月5日号
  • googleplus
  • LINE

生見尾発見塾の旧東海道ウォーキングを企画した 赤堀 春夫さん 岸谷在住 68歳

溢れ出す生麦への好奇心

 ○…地元の歴史や文化継承を目ざす「生見尾発見塾」の一環として、生麦旧東海道のウォーキングを初開催。主催した「生麦の道100年紀委員会」役員として自身が企画した。生麦を始め、鶴見を歩いて回るのが趣味。当日のガイドも務め、日頃足で見つけてきた発見や知識を発揮した。「歩いてこそわかることが多い。たとえば表札。今はない住所表記を残したままのものを見つけると、地名の変遷を知る。生麦の入り組んだ路地裏を歩くのも面白いですよ」と楽しそうに話す。

 ○…地元の歴史知識は豊富だが、鶴見在住歴はまだ8年ほど。娘家族と暮らすため都内から移住した。昔から近くを訪れる度に何となく気になる土地だった生麦。町会の仲間同士で自主的な研究グループ「生麦漫遊考」を結成し、生見尾発見塾設立のきっかけの一つを作った。「調べれば調べるほど楽しく、好奇心をそそられる。歴史を『知るべき』と押し付けはしないが、興味を持ってくれる人がさらに増えたらうれしい」

 ○…50代まではピアニストとして活動。幼い頃から耳で聞くだけでメロディをオルガンで再現し、豊かな才能を持っていた。年間80回ほどの本番や、学校指導をこなし活躍。現在は一線を退いている。最近では小学5年の孫から教えをせがまれるが、「厳しい世界。本格的には教えていない」と胸の内を明かす。白ひげは長年続けてきたスタイル。この頃は100年紀委員会の企画演出で、和服姿で街を歩くこともある。

 ○…江戸時代後期の生麦の生活様式を記録した『関口日記』や1300年代の鶴見の絵図など、興味関心の種は尽きない。「生麦の辺りは、昔は海だった。地形を細かく調べて、土地の成り立ちも調べてみたい」。遥か昔の日々の営みが積み重なり、歴史が作り上げられていく面白さが魅力だという。「知る楽しさを地域にも伝えていきたい」。溢れる好奇心のまま、発見を探しにまた町に出る。

鶴見区版の人物風土記最新6件

川村 丈夫さん

県内外の小学6年生で結成された横浜DeNAベイスターズジュニアチームの監督に就任した

川村 丈夫さん

12月14日号

廣瀬 良弘さん

江ヶ崎町にある寿徳寺の住職を務める

廣瀬 良弘さん

12月7日号

瀬沼 公夫さん

その道50年の職人大工として活躍する

瀬沼 公夫さん

11月30日号

浦川 柳介さん

ワッくん鶴見カルタの挿絵を描くなど、イラストレーターとして活動する

浦川 柳介さん

11月23日号

渡辺 佑樹さん

プロ野球ドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから指名を受けた

渡辺 佑樹さん

11月16日号

倉下 至弘(よしひろ)さん

鶴見区食品衛生協会の会長として活躍する

倉下 至弘(よしひろ)さん

11月9日号

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ランタンフェスタ

ランタンフェスタ

輝く700個の灯り

12月16日~12月16日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク