神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2022年8月4日 エリアトップへ

小学生を対象にした企画「音楽たまて箱」をプロデュースした 鬼武 みゆきさん 狩場町在住

公開:2022年8月4日

  • LINE
  • hatena

生涯つづく「自分探し」の旅

 ○…「自分がやりたいことを、焦らず、探してほしい。選択の幅を広げるのが大人の役割のひとつ」。保土ケ谷区内の小学生を対象にした企画「音楽たまて箱」をプロデュースした。プロの音楽家として歩みだしたのは27歳。それまでの経験、多くの出会いが自身の今を支えている。「いまも自分が何をやりたいのか常に考えている」。目を輝かせ、そう話す。

 ○…4歳からエレクトーンを習い始めた少女は、レッスンを重ね「音大進学」を目標に高校入学。しかし入学早々に大きな興味を抱いたのが「数学」の世界だった。公式は全て図形に置き換えて導き出すことができ、日常生活に密接に結びついていることが分かった瞬間、衝撃が走った。「ワクワク感」が止まらない。「音楽は数学を学びながらでもできる」と東京理科大学に進学。「数学者になろう」と意気込んだが、誘いに応え、「軽い気持ち」でバンドに参加すると、「音楽への思い」が再燃。いくつかのバンドを掛け持ちし音楽に没頭する学生生活を送った。

 ○…卒業を控え「プロミュージシャン」の道を歩むことも思い描く中、アレンジャー・ピアニストの上田力氏に弟子入り。師からは「自分流を探し出すこと」の大切さを学び、プロへの夢を封印し、「自分探し」を始めた。システムエンジニアとして大手企業に就職し、仕事に没頭しながらも、心の奥には常に音楽への思いが宿っていた。

 ○…「今ならできる」。4年が経ったある日、そう思ったという。根拠はないが、迷いはなかった。自身を「超前向き思考」と表する。「失敗が自分を強くする。同じことの繰り返しは面白くない。チャレンジすることが大切」。「本物」に触れることで小学生の感性を刺激する。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

加藤 和さん

アートホールで開かれるDVD鑑賞会の上映前に舞台に立ち作品紹介する

加藤 和さん

花見台在勤 62歳

4月11日

山本 将大さん

ダウン症のドラマーで、地域を拠点にバンド活動を行っている

山本 将大さん

仏向町在住 18歳

4月4日

竹内 一郎さん

能登半島地震の医療災害対策本部DMAT本部長を務めた

竹内 一郎さん

横浜市立大学附属病院勤務 51歳

3月28日

伊藤 奈美さん

子育て中の親子に交流の場などを提供する「パオパオの木」の代表を務める

伊藤 奈美さん

狩場町在住 53歳

3月21日

木村 勝義さん

相鉄線和田町駅前の美化活動に尽力する「タクシー乗場委員会」の委員長を務める

木村 勝義さん

65歳

3月14日

山口 亮子さん

星川商店会が開講中の企画「まちゼミ」で中心的役割を担っている

山口 亮子さん

星川在住 46歳

3月7日

中古住宅買取りならテイルウィンド

法的手続きもサポート 片付いていない古い家もそのまま売却できます

https://www.tailwind-yokohama.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook