鶴見区版 掲載号:2011年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

3日から開幕サルビアホール シーズン制導入へ 自主公演を集中開催

文化

PRするスタッフ
PRするスタッフ

 今年3月に開館した鶴見区民文化センター「サルビアホール」が、11月から自主事業などを集中して開催するシーズン制を導入する。同ホールを拠点に活動するレジデントアーティストも決まった(関連記事=「人物風土記」)。

 シーズン制とは、野球やサッカーなどと同じく、オンとオフを切り替えるもの。海外の劇場などには多く、同ホールでは、演劇や音楽コンサートなど様々な自主事業を定期的に開催することで、文化事業の”流れ”を作るのが狙いだ。スタッフは、「サルビアホールは、市内の区民文化センターとして1番大きい。鶴見の多文化やホールの特性を生かせば、多ジャンルの事業ができる」と話している。

 今回、初めて取り組むシーズン制のテーマは「花」。期間は11月から7月となっている。導入にあたり同ホールでは、同館を拠点に活動してくれるレジデントアーティストをオーディションで選出。44組の応募の中から選ばれたのは、箏やピアノ、ヴァイオリン奏者など、いずれも市内外で活躍する5組のアーティスト。シーズンを通し「花」というテーマに沿った公演を実施していく。今後のスケジュールについては10月末までに決定するという。

 同ホールは、「レジデントアーティストと作っていくものから、手軽なコンサートや寄席など、鶴見の色々な方々が楽しめるようにしたい」と意気込む。

 鶴見アートシーズン「花」は11月3日(祝)、全5組のアーティストが一堂に会する「TSURUMI GALA(ガラ)」で幕を開ける。開演15時(開場14時20分、終演17時ごろを予定)。チケットは一般1500円、区民特割1000円ほか。全席自由。販売・公演の詳細問合せは、サルビアホール【電話】045・511・5711(9時〜22時※受付〜21時※毎月第3水曜日休館)またはオンラインチケットサービスhttp://salvia-hall.jp迄(※24時間対応)。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

地域に根ざし70年

鶴見区医師会

地域に根ざし70年

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

“駅ハイ”のコースを企画

横浜商科大学生

“駅ハイ”のコースを企画

3月8日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

バカロレアに認定

聖ヨゼフ学園小学校

バカロレアに認定

3月1日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク