鶴見区版 掲載号:2012年7月19日号
  • googleplus
  • LINE

東宝タクシー UD車輌を導入 交通バリアフリー目ざす

社会

「この車を見たらお気軽に手を挙げてください」と山本さん
「この車を見たらお気軽に手を挙げてください」と山本さん

 東宝タクシー株式会社(大野清一代表取締役)=鶴見中央=がこのほど、横浜市と協力し、誰もが乗りやすい設計という国の基準を満たしたユニバーサルデザインタクシー(以下UDタクシー)を1台導入した。高齢化社会などに対応する交通バリアフリー化を目ざす。

 UDタクシーは、補助ステップや車いすのまま乗り降りができるスロープなど、国が設定した基準を標準搭載した車両。介護専用ではなく、通常のタクシーと同様に街中での営業車として運用されるのが特徴だ。今年3月、日産のNV200バネットが初めて認定を受け、同社でもこの車両が使われている。

市内240台目標

 導入は、国が進める交通バリアフリー化補助事業の一環で、神奈川県タクシー協会が横浜市に協力を働きかけ推進された。市内各社で今年度中に80台が導入予定で、3年間で240台を目標とする。鶴見区では東宝タクシーが初となる。

 ドライバーは、バリアフリー研修を受講。車いすの使い方を学ぶなど徹底している。大野慶太専務は、「通常のタクシーとのすみ分けはないので、気軽に利用してほしい」と話す。

評判は上々

 東宝タクシーでは、妊婦や乳幼児の親子連れなどに対し送迎を行う子育てタクシーも実施しており、UDでもチャイルドシート設置といった同様のサービスを展開。料金は通常のタクシーと変わらず、手を挙げて止めることもできる。

 乗務員を務める山本明彦さんは、「運行開始間もないが評判は上々」と現場を語る。利用者からは「座席が広く高いので見晴らしがいい」「乗りづらそうと思ったが、実際は楽」という声が上がっているという。

促進に課題も

 「見た目が今までと違うので、タクシーじゃないと思っている人が多い」と大野専務。そのため、街中を流しても呼び止められることが少なく、今後は周知が課題になる。

 また、駅前のタクシー乗り場などのバリアフリー化が進んでいないこともあり、導入促進にはそうした施設などのハード面の整備も必要となる。同社では、「まずは利用者を増やし、良さを知ってもらいたい」と話している。

 UDタクシーの問い合わせは、東宝タクシー配車専用ダイヤル【電話】045・504・0003。
 

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

5年ぶりの自転車教室

矢向地区連合会

5年ぶりの自転車教室

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

区内外30機関が連携

鶴見区災害医療訓練

区内外30機関が連携

2月8日号

北線高架下緑地オープン

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月1日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク