鶴見区版 掲載号:2012年8月16日号
  • googleplus
  • LINE

キリン横浜工場 生物多様性保全で緑地 TRネットと協力

社会

関係者らで完成を祝った(写真中=岸代表)
関係者らで完成を祝った(写真中=岸代表)

 キリンビール横浜工場(野中淳一工場長)=生麦1の17の1=がこのほど、NPO法人鶴見川流域ネットワーキング(岸由二代表、以下TRネット)などと協力し、生物多様性保全を目的に場内の緑地部分を再整備した。絶滅危惧種などの生物生息地としてビオトープもリニューアルし、地域環境の保護に取り組む。

 同工場の庭園などの緑地部分は1万8300平方メートル。91年に地域へ開放するためリニューアルしたが、20年が経過し植物間の競争などにより荒れ始めていたという。

 もともと同工場は、市の横浜みどりアップ計画の中の地域緑のまちづくり事業と連携。今回、昨年4月に策定された生物多様性横浜行動計画「ヨコハマbプラン」の取り組みにも賛同し、TRネットと協力のもとで緑地の整備にいたった。

 総工費は1885万円で、うち1450万円にみどり税が充当されている。

生態系回復に貢献

 生物多様性をテーマに整備された緑地には、約200種類の植物を植栽した。鶴見川流域で自然保護活動などを行うTRネットの監修で造られたビオトープは、池と緑の二つ。池のビオトープには、ヨコハマメダカやホトケドジョウなどの絶滅危惧種に加え、トンボ類の生態系強化のための環境を整えた。

 3日に行われた落成記念式典で講演した岸代表は、「キリンのビオトープは、都市生態系の回復や維持などに貢献する」と話した。

地域も歓迎

 同工場の緑地部分は一般開放されており、自由に出入りすることができる。

 今回の整備について、生麦第二地区連合会の牛頭春雄会長は、「この辺にはこうした緑が少なく、ありがたい。子どもが安心して遊べるし、地元の散歩コースとしてもいい」と歓迎した。

 同工場は「地域や学校と協力してイベントなども企画したい」と、今後の活用法も検討していく構えだ。また、毎週日曜日に緑地を使った新プログラム「自然の恵みを感じるツアー」を開始した。詳細は【電話】045・503・8250
 

生物の生息空間「ビオトープ」
生物の生息空間「ビオトープ」

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

5年ぶりの自転車教室

矢向地区連合会

5年ぶりの自転車教室

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

区内外30機関が連携

鶴見区災害医療訓練

区内外30機関が連携

2月8日号

北線高架下緑地オープン

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月1日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク