鶴見区版 掲載号:2012年9月13日号
  • googleplus
  • LINE

サルビアホールの顔決定 サックス奏者など6組

 鶴見区民文化センター「サルビアホール」は、11月から同ホールを拠点に活動する「レジデントアーティスト」6組を発表した。今後は各アーティストが共演するジョイントコンサートなどが実施される予定だ。

 サルビアホールは、昨年から自主公演を集中開催する「シーズン制」を導入。シーズン制に合わせ、同ホールを拠点に活動するレジデントアーティストを公募し、オーディションで選出している。

 今年は41組の応募の中から、椿義治さん(サックス)、鎌田美穂子さん(箏)、八木下侑子さん(ピアノ)、高瀬真由子さん(バイオリン)、ビレッジボイス(ナレーション&ジャズ)、クァルテットソレイユ(弦楽四重奏)の6組が選ばれた。

 そのうち鶴見区にゆかりがあるのは、鎌田さん、八木下さん、ビレッジボイスの3組だ。

 今回のシーズン制は11月から来年7月まで。6組は、11月10日に行われる「ツルミガラ2012」を皮切りに、ジョイントコンサートなどを実施していく予定。区内地区センターなどでも演奏依頼があれば出演していくという。

 「毎回違うアーティストとの共演を観ることができるのが今年の見どころ。昨年より公演回数も増やしていく」と、同ホールは話している。
 

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク