鶴見区版 掲載号:2015年2月26日号 エリアトップへ

かとう正法(まさのり)地元議員レポ 43

掲載号:2015年2月26日号

  • LINE
  • hatena

■市/県、改革・無党派!

 私は、政党の権力争いやしがらみに左右されず、県、市政では各案件ごとに党派をこえた連携を志向!幼少から愛着、出身の地元鶴見区で活動。【かとう正法】か【かとまさ】で検索!ネットや配布チラシもぜひご一読ください。市政/県政改革、私の考えをご家族や知人へお伝え・広め、議会へのご意見を頂けたら嬉しいです。いつでもお声かけを。どうかお願いします!私が指摘、提言・要請した事項や私見と自論、多数から要点抜粋。

■行政労力の使い方を正す

 先週号の続き。行政の取組みで、公金や人員を投入する際、【もったいない!】使い道を、私は常に精査中。【一例】企業などが従業員の健康管理のために、CHO【健康管理最高責任者】をおく様、行政が普及する施策。

 人事部・衛生管理者・健保組合などが、すでに長年主導中。各市町村・国保に加え、民間で健康関連の法人や団体多くも同様に長年従事。この構想一連の中身を確認したが、県が関わるまでもない事項ばかり。

 条例や確固たる制度を設けて行う政策には意味もあろうが、この事例以外でも普及・促進・啓発などでは、他の施策に労力を回すべし、と考える私見が多数。

 切実な県民要望への対応は、まだまだ不十分なのに、選択と集中【労力の使い方】や優先順位のたて方に問題あり。今後も精査に尽力!

■がん治療へ行政力投入を

 私は今まで、優先すべきと考える事項を、多数要請。特に、がんで苦しむ患者やご家族にとって、次世代の希望の治療法と期待される【がんワクチン療法】確立へは公金や人員を投入すべし。

 市民県民はじめ、国内外の方の絶望を希望に変える取組みは大賛成!行政で主導するも良し、民間の医療関係者の尽力へ支援するも良し、との私見。子ども〜老若男女の、生命や生活に直結する政策が最優先!と私が長年主張する一例。この私見と自論で政務続行!

■かとう正法へ皆様の声を

かとう正法 【加藤まさのり】 神奈川県議会議員【横浜鶴見区】

横浜市鶴見区諏訪坂14-11

FAX:045-585-5556

http://www.katomasa.jp/ mail:info@katomasa.jp

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

横浜市では児童虐待が急増中!?「数字」の向こう側に見えるもの

令和2年度 ⅤOL5 山田かずまさ市政報告

横浜市では児童虐待が急増中!?「数字」の向こう側に見えるもの

11月19日号

特別自治市の早期実現を

大阪都構想から横浜市政を考えてみよう 市政報告みちよレポ【6】

特別自治市の早期実現を

横浜市会議員(自民党)東みちよ

11月19日号

停電時の電力確保に寄与スマホ充電スポット設置を実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」 54

停電時の電力確保に寄与スマホ充電スポット設置を実現

公明党 鈴木 ひでし

11月12日号

11月は子ども虐待防止月間『子どもを守る』を考える

令和2年度 ⅤOL4 山田かずまさ市政報告

11月は子ども虐待防止月間『子どもを守る』を考える

10月29日号

日常にSDGsの取組を

市政報告太'sレポート 109

日常にSDGsの取組を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

10月29日号

林市長の任期中IRカジノ申請が不可能に

市政報告

林市長の任期中IRカジノ申請が不可能に

日本共産党横浜市会議員 古谷(ふるや) やすひこ

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク