鶴見区版 掲載号:2016年5月12日号 エリアトップへ

がんによる外見の悩みに寄り添う 県政報告ひでしの「実績で勝負」【12】 サポートセンター開設を実現 公明党 鈴木 ひでし

掲載号:2016年5月12日号

  • LINE
  • hatena

 今や2人に1人ががんにかかる時代。手術や抗がん剤、放射線など、治療法は年々進歩していますが、一方で手術痕や髪・まつ毛・眉毛の脱毛、爪や皮膚の変色など、外見にさまざまな変化をもたらします。

 これら外見の変化は、病気を治すためにある程度仕方のないことだと覚悟していても、患者さんやご家族に大きなショックを与え、ときには治療への意欲も失うほど深刻な問題です。

 国立がん研究センターでは、このような不安や苦痛を少しでも和らげようと、外見や容貌を意味する「アピアランス」に関する支援センターを立ち上げました。

県議会で提言県立がんセンターに設置

 県内でもがん患者は増加しています。そこで私は平成27年2月の県議会本会議において、「神奈川県立がんセンター(旭区)」に、がん治療に伴う外見の悩みに寄り添い支援する「アピアランスサポートセンター」を立ち上げるべきと、黒岩祐治知事に提言しました。

 これに対し黒岩知事は、「ぜひとも実現していきたい」との方針を示し、ついにこの4月、県立がんセンターに「アピアランスサポートセンター」が開設されました。

 これまでも県立がんセンターでは個別に相談やケアを行ってきましたが、今後はアピアランス支援の専任スタッフを中心に、医師や看護師、薬剤師などが連携し、専門チームで患者さんを支えていきます。また、患者さんやご家族が気がねなく相談できる専用スペースの充実も図っていきます。

 アピアランスサポートセンターが都道府県立病院に設置されるのは初めての試みです。私は提案者として、このセンターが患者さんの「生きる」気持ちを支えるものとなるよう、しっかり見守ってまいります。

鈴木秀志

横浜市鶴見区豊岡町14-27

TEL:045-580-2830
FAX:045-580-2831

http://www.hideshi-suzuki.com/index.html

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

https://www.komei.or.jp/km/yokohama-ozaki-futoshi/

<PR>

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

前へ。経済再生と女性支援

市長へ問う!横浜市会の一般質問から 市政報告みちよレポ【11】

前へ。経済再生と女性支援

横浜市会議員(自民党)東みちよ

6月17日号

「ガブテック」で利用しやすい公的サービスを実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」59

「ガブテック」で利用しやすい公的サービスを実現

公明党 鈴木 ひでし

6月10日号

水害リスクへの意識向上を

市政報告太'sレポート 116

水害リスクへの意識向上を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

5月27日号

新鶴見橋-末吉橋間の人道橋着工へ

地域の問題”hot(ほっと)”かない 市政報告

新鶴見橋-末吉橋間の人道橋着工へ

横浜市会議員 自民党 わたなべ忠則

5月7日号

地道に地域課題を解決

市政報告太'sレポート 115

地道に地域課題を解決

横浜市会議員 公明党 尾崎太

4月29日号

三ツ池公園の充実第一弾健康遊具が実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」58

三ツ池公園の充実第一弾健康遊具が実現

公明党 鈴木 ひでし

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 前へ。経済再生と女性支援

    市長へ問う!横浜市会の一般質問から 市政報告みちよレポ【11】

    前へ。経済再生と女性支援

    横浜市会議員(自民党)東みちよ

    6月17日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter