鶴見区版 掲載号:2018年3月29日号 エリアトップへ

鶴見警察にマスコット 著名マンガ家がデザイン

社会

掲載号:2018年3月29日号

  • LINE
  • hatena
土山さん(左)と増田前署長
土山さん(左)と増田前署長

 鶴見警察署のマスコットがこのほど完成し、制作者でありマンガ家の土山しげるさんに3月15日、同署から感謝状が贈られた。同署でマスコットが作られることは初めて。今後は同署のホームページや啓発チラシ、パンフレットなどに使われていく予定。

 土山しげるさんは、NHKBSプレミアムでドラマ化された「勤番グルメ ブシメシ!」など、グルメ系を中心に数々の作品を手掛ける著名なマンガ家。

 きっかけは、1月に鶴見安全運転管理者会の八木敏夫会長と土山しげるさんが知り合ったこと。2人は意気投合し、八木会長が「ぜひマスコットを作ってほしい」と願い出た。

 「鶴見警察署にはマスコットが無かった。会長を引退するということもあり、何か残したいと思っていた」と八木会長。

 マスコットは、擬人化され、警察官の装いに身を包んだ男女の鶴がイメージ。

 土山さんは「鶴はもう少し黒い部分が多いが、あまり黒いと泥棒みたいになってしまう。羽をどの部分に使うかも悩んだ」と作成にあたってのこだわりを話す。

 名前は署員にアンケートを取り、「かける」君と「まい」ちゃんに決定された。大空を高く翔け巡り、優雅に舞う鶴をイメージし、強くて優しい警察でありたいという願いが込められている。

 マスコットは今後、主に広報活動などに使われ、いずれは着ぐるみなどの作成も検討中という。

 増田勝前署長は、「このマスコットを見れば一目で鶴見警察署だと分かる。より親しみを持ってもらえるだろうし、文字だけでは伝わり辛い部分があったのでありがたい」と喜んだ。

鶴見警察署のマスコット「かける」君と「まい」ちゃん
鶴見警察署のマスコット「かける」君と「まい」ちゃん

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

天王院で大師講

天王院で大師講 文化

200年以上の歴史

11月14日号

国交大臣賞の栄誉

キリン緑地

国交大臣賞の栄誉 社会

「今後の模範」と高評価

11月14日号

不審者訓練に依頼増

鶴見警察 シナリオ考案

不審者訓練に依頼増 社会

内容伏せ本番 実際学ぶ

11月7日号

独自に開設マニュアル

岸谷小 防災拠点

独自に開設マニュアル 社会

分かりやすさ重視

11月7日号

工事順調、来年3月開通へ

横浜北西線

工事順調、来年3月開通へ 経済

バイパス渋滞改善も期待

10月31日号

振り込め対策に電話機

区内5団体

振り込め対策に電話機 社会

あすから貸出開始

10月31日号

市が年内導入へ

パートナーシップ制度

市が年内導入へ 社会

同性カップルなど公認

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク