鶴見区版 掲載号:2018年3月29日号 エリアトップへ

鶴見警察にマスコット 著名マンガ家がデザイン

社会

掲載号:2018年3月29日号

  • LINE
  • hatena
土山さん(左)と増田前署長
土山さん(左)と増田前署長

 鶴見警察署のマスコットがこのほど完成し、制作者でありマンガ家の土山しげるさんに3月15日、同署から感謝状が贈られた。同署でマスコットが作られることは初めて。今後は同署のホームページや啓発チラシ、パンフレットなどに使われていく予定。

 土山しげるさんは、NHKBSプレミアムでドラマ化された「勤番グルメ ブシメシ!」など、グルメ系を中心に数々の作品を手掛ける著名なマンガ家。

 きっかけは、1月に鶴見安全運転管理者会の八木敏夫会長と土山しげるさんが知り合ったこと。2人は意気投合し、八木会長が「ぜひマスコットを作ってほしい」と願い出た。

 「鶴見警察署にはマスコットが無かった。会長を引退するということもあり、何か残したいと思っていた」と八木会長。

 マスコットは、擬人化され、警察官の装いに身を包んだ男女の鶴がイメージ。

 土山さんは「鶴はもう少し黒い部分が多いが、あまり黒いと泥棒みたいになってしまう。羽をどの部分に使うかも悩んだ」と作成にあたってのこだわりを話す。

 名前は署員にアンケートを取り、「かける」君と「まい」ちゃんに決定された。大空を高く翔け巡り、優雅に舞う鶴をイメージし、強くて優しい警察でありたいという願いが込められている。

 マスコットは今後、主に広報活動などに使われ、いずれは着ぐるみなどの作成も検討中という。

 増田勝前署長は、「このマスコットを見れば一目で鶴見警察署だと分かる。より親しみを持ってもらえるだろうし、文字だけでは伝わり辛い部分があったのでありがたい」と喜んだ。

鶴見警察署のマスコット「かける」君と「まい」ちゃん
鶴見警察署のマスコット「かける」君と「まい」ちゃん

鶴見区版のトップニュース最新6

区内から3件が受賞

人・まち・デザイン賞

区内から3件が受賞 社会

魅力あるまちづくりを表彰

5月26日号

1歳枠拡大支援 鮮明に

横浜市保留児対策

1歳枠拡大支援 鮮明に 社会

対応施設に補助金

5月26日号

ヘアドネーションに挑戦

東寺尾北台在住松本さん

ヘアドネーションに挑戦 社会

55歳男性が2年かけ寄付

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

子育ての悩みに寄り添う

子育ての悩みに寄り添う 社会

民間の相談施設が開所

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 経済

事業所にセミナーと研修

5月12日号

鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook