鶴見区版 掲載号:2019年2月14日号
  • LINE
  • hatena

意見広告 バリアフリーの意味を再考 国民民主党 松本のりこ

 先日、JR線古市場踏切での人身事故の報を聞き、視察して参りました。そこは3つの上下線を渡らなければならない、30m超の踏切でした。様子を見ていると、遮断機が上がった直後に再度警報が鳴り始め、約30秒後に最初の電車が踏切に到達しました。つまり、この踏み切りは30秒で渡り切れる人でない限り、安全は保証されないことになります。このことは具体的に警告されていません。

 確かに、この踏切には跨線橋が付いています。自信のない人はそれを利用すればいいのかもしれません。しかし、踏切を短時間で渡れない人が、階段を上らなければならないこの跨線橋を好んで利用するでしょうか。

みんなに優しい町

 この時、私はバリアフリーという言葉を思い出していました。一般には建物の中の段差を無くすることなどの意味で使われますが、高齢者や体の不自由な人などの社会生活に障害となるものは、やはりバリア(障害)です。この踏切は巨大なバリアです。バリアからの解放、この跨線橋について言えば、エレベーター設置が急がれます。安全で安心できる区の実現には、踏切の安全確保がまず必要と強く感じました。

 私が掲げる「地下鉄を鶴見へ」は区の経済活性化の意味もありますが、高齢者等のより便利な移動手段の確保、特に縦の移動が楽ではない人たちのために資するという意味も込めているのです。

元宮1丁目の古市場踏切
元宮1丁目の古市場踏切

松本のりこ

横浜市鶴見区北寺尾1の14の6

TEL:045-716-6090

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6件

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「福祉のまち」推進へ集い

「福祉のまち」推進へ集い

すずの会 基調講演も

2月23日~2月23日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク