鶴見区版 掲載号:2019年2月28日号 エリアトップへ

「こまきち音頭」製作に尽力した 久松 美江子さん 上末吉在住 54歳

掲載号:2019年2月28日号

  • LINE
  • hatena

夫に捧ぐみんなの音頭

 ○…駒岡地域ケアプラザと地域住民らが一緒になって作った「こまきち音頭」。作曲をした亡き夫である宣雄さんの思いを受け継ぎ、普段は仕事をしながらも、レコーディング、CD作成、3月9日に行われるお披露目会の準備まで奔走した。「色々な人の協力と、思いが重なってできた一曲。多くの人に広まれば」

 ○…県の青少年センターで音楽指導をしていた宣雄さんと出会ったのは後輩の勧めでコーラスに参加したときのこと。「本当は作曲家として食べていきたかったくらい、音楽が好きな人で」。退職してからは歌声喫茶など、「音楽で地域貢献をしたい」というのが夫の夢だった。ケアプラザから作曲の話をもらった時には、すでに夫は病にかかっていた。2017年4月、亡くなる一週間前に書き上げていた曲。「私が形にしなければ」。しかし、編曲などを頼める専門家がいなかった。そんな時に、鶴見川の土手で宣雄さんの昔の音楽仲間の1人と偶然出会ったことがきっかけで曲の演奏や編曲をお願いできることに。「本当に奇跡が重なってできた一曲」

 ○…休みの日は、消防団に民生委員と忙しい毎日を過ごす。「時間に追われるのではなく時間を追いかける気持ちで過ごすと、仕事もボランティアも楽しくなる」。月1でやってくる何もない日にはお酒のつまみを作って昼間からちょい飲み。「娘も時々晩酌に付き合ってくれる」と笑顔。

 ○…活動の傍ら進めていたのは、自宅を改装し、地域の拠り所となるようなカフェを作ること。9月に改装が終了する予定。「この地域には気軽に集まれる場所が少ないし、皆の憩いの場になれば」。娘や息子たちも巻き込んで、後には夫の夢であった歌声喫茶も開きたいと思っている。行動力で思いを実現していく。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

木下 豊さん

鶴見図書館長に就任した

木下 豊さん

鶴見中央在勤 61歳

5月16日号

菅野 光喜さん

4月1日に入船公園の所長に就任した

菅野 光喜さん

弁天町在勤 59歳

4月25日号

立澤 明さん

横浜市塗装事業協同組合の理事長で、横浜塗装工業(株)の代表取締役社長

立澤 明さん

鶴見中央在勤 60歳

4月18日号

荻島 克子さん

認知症カフェ・下町茶房の代表を務める

荻島 克子さん

汐入町在住 75歳

3月28日号

須藤 正彦さん

3月13日付けで鶴見警察署の署長に就任した

須藤 正彦さん

鶴見中央在勤 58歳

3月21日号

間口 健一さん

新鶴見操車場開設90周年展の展示作品を作った

間口 健一さん

矢向在住 71歳

3月14日号

佐々木 美香さん

「お母ちゃん学」を主宰する

佐々木 美香さん

鶴見中央在住 41歳

3月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

二大スターが競演

二大スターが競演

豪華ハワイアンステージ

6月30日~6月30日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク