鶴見区版 掲載号:2019年2月28日号 エリアトップへ

「こまきち音頭」製作に尽力した 久松 美江子さん 上末吉在住 54歳

掲載号:2019年2月28日号

  • LINE
  • hatena

夫に捧ぐみんなの音頭

 ○…駒岡地域ケアプラザと地域住民らが一緒になって作った「こまきち音頭」。作曲をした亡き夫である宣雄さんの思いを受け継ぎ、普段は仕事をしながらも、レコーディング、CD作成、3月9日に行われるお披露目会の準備まで奔走した。「色々な人の協力と、思いが重なってできた一曲。多くの人に広まれば」

 ○…県の青少年センターで音楽指導をしていた宣雄さんと出会ったのは後輩の勧めでコーラスに参加したときのこと。「本当は作曲家として食べていきたかったくらい、音楽が好きな人で」。退職してからは歌声喫茶など、「音楽で地域貢献をしたい」というのが夫の夢だった。ケアプラザから作曲の話をもらった時には、すでに夫は病にかかっていた。2017年4月、亡くなる一週間前に書き上げていた曲。「私が形にしなければ」。しかし、編曲などを頼める専門家がいなかった。そんな時に、鶴見川の土手で宣雄さんの昔の音楽仲間の1人と偶然出会ったことがきっかけで曲の演奏や編曲をお願いできることに。「本当に奇跡が重なってできた一曲」

 ○…休みの日は、消防団に民生委員と忙しい毎日を過ごす。「時間に追われるのではなく時間を追いかける気持ちで過ごすと、仕事もボランティアも楽しくなる」。月1でやってくる何もない日にはお酒のつまみを作って昼間からちょい飲み。「娘も時々晩酌に付き合ってくれる」と笑顔。

 ○…活動の傍ら進めていたのは、自宅を改装し、地域の拠り所となるようなカフェを作ること。9月に改装が終了する予定。「この地域には気軽に集まれる場所が少ないし、皆の憩いの場になれば」。娘や息子たちも巻き込んで、後には夫の夢であった歌声喫茶も開きたいと思っている。行動力で思いを実現していく。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区在住 45歳

9月12日号

堀江 幹雄さん

豊岡商店街協同組合の理事長を務める

堀江 幹雄さん

豊岡町在住 70歳

9月5日号

前田 正博さん

陶芸家として活躍し、子ども向けワークショップなども開く

前田 正博さん

北寺尾在住 71歳

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク