鶴見区版 掲載号:2020年1月16日号 エリアトップへ

鶴見図書館が40歳 地域に支えられ節目

社会

掲載号:2020年1月16日号

  • LINE
  • hatena
開館当時の鶴見図書館(同館提供)
開館当時の鶴見図書館(同館提供)

 鶴見図書館が1月10日、開館40周年を迎えた。開館時から比べ、蔵書数や利用登録者数などはほぼ倍増。活字離れが叫ばれる中、乳幼児向けの企画などを長年継続するなど、読書活動推進に奮闘している。木下豊館長は「ボランティアに支えられている」と話す。

 鶴見図書館は、市内5番目の図書館として、1980年1月10日に開館。造りは現在と変わらず、鉄筋コンクリート造の地下1階地上3階建ての建物だった。

 開館時の蔵書数は約5万7千冊で、利用登録者数は約2万人だった。現在は、蔵書11万2千冊、登録は4万人で、いずれもほぼ倍増した形だ。

 昨年の入館者数は約28万人で貸出利用者数は12万7千人、貸出冊数は37万4千冊に上る。ここ10年ほどの推移をみると、中央図書館=西区=などが微減を続けるなか、横ばいを維持。木下館長は、「他区と比べ、人口が伸びていることが要因では」と分析する。

多くのボラが協力

 現在の特色は、外国語資料の多さと、乳幼児や児童向け図書サービスの充実だ。

 外国語資料は、中区に続き市内2番目に外国人の多い区であることから、中図書館の次に豊富な資料を取りそろえる。

 子ども向けサービスでは、年間50回ほどの読み聞かせを企画する。

 区福祉保健センターと共同で20年継続している「つるみっこ絵本広場」は、昨年度、文部科学大臣賞を受賞。区役所で行われる乳幼児健診の待ち時間を利用して絵本やわらべうたを紹介し、親と子のブックスタートの機会となっている。

 同広場を含め、読み聞かせや本の修理などは、多くの市民ボランティアが協力。木下館長は、「多くの人たちに支えられて今がある。本当にありがたい」とし、読書活動推進への協力に謝意を示した。

 同館では、2月に開館40周年を記念した企画を予定。11日に横浜商科大学などと行う「鶴見れきぶん祭」、23日に、作家の角野栄子さんを迎えた「つるみ読書講演会」を実施する。

新横浜駅前「ラステル新横浜」

家族葬プラン 24時間ご安置・ご面会ができます 56万円税別~

http://lastel.jp/shinyokohama/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

多文化、防災などに重点

鶴見区予算案

多文化、防災などに重点 社会

4体系29事業を展開

2月20日号

空き家相談 周知に課題

空き家相談 周知に課題 社会

窓口開設も利用者低調

2月20日号

まちづくりの指針、改定

まちづくりの指針、改定 社会

都市マス 20年後見すえ

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

寺尾城の御城印を製作

馬場建功寺

寺尾城の御城印を製作 社会

11日、城イベントで販売

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

市、民間企業で実証実験

ショートタイムテレワーク

市、民間企業で実証実験 社会

女性の就労機会を創出へ

1月30日号

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク