鶴見区版 掲載号:2020年8月27日号 エリアトップへ

市政報告太'sレポート 107 大都市の財源確保を 横浜市会議員 公明党 尾崎太

掲載号:2020年8月27日号

  • LINE
  • hatena

 公明党横浜市会議員団では大都市特有の課題を議論し、国へ提案するため五大市政策研究会(構成:名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、横浜市)を開催しています。

 今回は「大都市における新型コロナウイルス対策」をテーマに、これまでの取組や、今後の対応などについてディスカッションが行われました。

 国はコロナウイルス対策のため、財政力指数(地方公共団体の財政力を示す指標として用いられる指数であり、各自治体の自立度をはかるもの)に基づき、地方自治体に地方創生臨時交付金を交付しています。

 しかし、横浜市に対する交付金を一人当たりの交付額で比較すると、1回目の全国平均額2,777円に対して、1,514円、2回目は8,458円に対して、5,094円となっており、五大市の中でも特に交付割合が低い状態です。

 今回の研究会でも大都市への財源課題が共有されたことから、先日「大都市税源の強化及び地方交付額の確保」という要望を、財務省の遠山清彦財務副大臣に直接提出致しました。

 五大市と言われる政令指定都市では、多くの人口を抱えていることから、新型コロナウイルス感染症対策を着実に進めるためには、安定した財源が必要です。引き続き、国と連携しながら、財源確保を訴えて参ります。

災害への意識啓発

 さて、本年も九州地方などでは豪雨災害が発生しましたが、気候変動が原因と言われる風水害により、毎年多くの被害が発生しています。

 昨年の台風15号、19号では、横浜市でも約9000人の市民が避難場所へ避難しています。

 国では不動産取引の際、宅建業者から購入予定者に対して「水害リスク」の説明を義務化する方針が示され、8月28日から実施されます。

 本年の予算関連質疑では、風水害時に避難行動を促すため、電柱などへの浸水想定高のマーキングによる「ハザードマップの見える化」や、水害リスクの説明義務化の徹底などを訴えています。

今後とも、自助につながる意識啓発の強化に努めて参ります。

公明党 横浜市会議員 尾崎太

横浜市鶴見区北寺尾7-19-47

http://www.komei.or.jp/km/yokohama-ozaki-futoshi/

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

新鶴見橋―末吉橋間の人道橋整備

地域の問題”hot(ほっと)”かない 市政報告

新鶴見橋―末吉橋間の人道橋整備

横浜市会議員 自民党 わたなべ忠則

10月22日号

林市長の任期中IRカジノ申請が不可能に

市政報告

林市長の任期中IRカジノ申請が不可能に

日本共産党横浜市会議員 古谷(ふるや) やすひこ

10月22日号

鎌倉駅にウォーターサーバーPRとプラごみ削減、同時に実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」 53

鎌倉駅にウォーターサーバーPRとプラごみ削減、同時に実現

公明党 鈴木 ひでし

10月8日号

相鉄・JR直通線の鶴見駅停車を提言・要望

県政レポートNo.5

相鉄・JR直通線の鶴見駅停車を提言・要望

神奈川県議会議員 ためや 義隆

10月1日号

修学旅行への助成を実現

市政報告太'sレポート 108

修学旅行への助成を実現

横浜市会議員 公明党 尾崎太

9月24日号

心に寄り添う子ども家庭110番

児童虐待防止にLINE相談開始 市政報告みちよレポ【5】

心に寄り添う子ども家庭110番

横浜市会議員(自民党)東みちよ

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク