鶴見区版 掲載号:2021年10月28日号 エリアトップへ

令和3年度 ⅤOL8 山田かずまさ市政報告 11月は児童虐待防止推進月間「子どもを守る」を想う・考える

掲載号:2021年10月28日号

  • LINE
  • hatena

 毎年11月は児童虐待防止推進月間です。厚生労働省、そして横浜市は、虐待防止のための広報・啓発活動などの取組を行っています。

 横浜市では、平成26年に「子供を虐待から守る条例」を制定し、この期間、市内各所をシンボルカラーであるオレンジにライトアップするなどしています。

 この中で、『オレンジリボン』の着用が、活動に賛同するマークとされ、横浜市職員が着用するなど、子ども虐待防止の啓発に一役買っているところです。私も、法律家として、政治家として、児童虐待防止の取組をライフワークとしており、当選以来、様々な場面で「子どもを守る」取組を行って来ました。

 活動の一つの成果として、私が、事務局長として携わった議員提案である「子供を虐待から守る条例」の改正案が、今議会で成立しました。大きな改正点は子どもへの「体罰」の禁止です。「しつけ」の名を借りた身体的な暴力が、子どもの命を奪うことになりかねないことから法律に合わせ改正されました。

 さらに、「産まなければ良かった」と言うなど、子どもの「尊厳を傷つける行為」の禁止にも触れ、全国的に見ても、最先端の内容を盛り込むことができました。この条例改正が、「自分が悪い子だから、ぶたれるんだ」と、誰かを憎むことすらできず、傷つき、時に命を落とす子ども達を一人でも減らすことに繋がればと願います。

 そして、鶴見では、昨年、仲間たちと共に始めた、児童虐待防止キャンペーン「ツルミ・オレンジデイズ」が、この11月にも実施されます。

 区内でのオレンジリボンの配布・PR活動、講演会、オレンジをモチーフとした手作りグッズの販売(収益は防止団体に寄付)などを行います。

 こうした活動を通じ、子ども達に関わる全ての人が、いつもよりほんの少しだけ多く「子どもを守る」を考えてみること。その積み重ねが虐待防止に繋がると考えています。是非、この秋は、オレンジリボンを身につけ、声なき声で、SOSを求める子ども達のことを考えてみてください。

昨年はキャッピーも登場
昨年はキャッピーも登場

山田かずまさ

横浜市鶴見区寺谷1-3-2

TEL:045-584-1133

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

「税金」の正しい知識を

市政報告太'sレポート 127

「税金」の正しい知識を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

6月30日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月16日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月16日号

県職員の海外派遣に関する「新たなルール」を実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」69

県職員の海外派遣に関する「新たなルール」を実現

公明党 鈴木 ひでし

6月9日号

信頼そのままに。

意見広告

信頼そのままに。

衆議院議員 中西けんじ

6月9日号

不妊治療の保険適用実現

意見広告

不妊治療の保険適用実現

自由民主党 参議院議員 三原じゅん子/前内閣総理大臣・衆議院議員 菅義偉

6月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook