海老名版 掲載号:2013年12月20日号
  • googleplus
  • LINE

あれから1年… タウンレポート 「議席奪還」へ再起図る 民主・橘氏 「もっと強く」

政治

 昨年12月の衆議院総選挙で落選して議席を失った民主党前衆議院議員の橘秀徳さん(44)=写真が再起に向けて歩き続けている。

 2009年夏の政権交代選挙で、13区の牙城ともいえる自民党の甘利明氏を破り小選挙区で初当選した。その勢いも今は昔だ。

 政権を奪われ今年7月の参院選でも敗北した民主党は今年9月、次期衆院選挙の小選挙区公認候補者を選定した。参院選まで小選挙区の総支部長だった143人のうち橘さんを含む97人が公認を申請。10月30日に現職を中心とした34人の公認内定者が発表されたが、そこに橘さんの名前はなかった。

「逆風でも議席」

 「今は候補予定者の総支部長ではなく総支部長代行。党に責任を転嫁した時期もありましたがそれは間違い。自分自身に強さがなかった。甘利先生は2009年の大逆風でも議席を守った。ここに大きな差がある」と自己分析する。

 落選からほどなく参院選に突入し、今夏は公認候補の応援に汗を流したが、8月に総支部長の任を解かれ党からの資金が止まった。同僚が党を離れるなか、民主党本部に次期衆院選への公認申請を提出した。

 「子どもが2人いるので一時は就職も考えたが政治で再出発しなければいけない、と覚悟した。資金面など不安はありますが秘書と事務員の2人と共に国政復帰を目指しています」

奇遇にも…

 12月5日に甘利明経済再生担当相が舌がんとの闘病を公表した直後から電話が相次ぎ「今のうちにどんどん訪問しろ」と背中を押された。それでも「その気になれなかった」。現職時代に陳情などで甘利氏と省庁へ同行する機会があり、そこで「様々なことを教わった」という。

 甘利氏が病名を公表した翌日の朝、目が覚めると突然、耳が聞こえなくなった。 突発性難聴だった。

 7日に緊急入院し、8日間の療養生活を過ごしたが「さまざまな人と出会い、本を読み、振り返り、将来について考えた」という。

 橘さんは昨今の野党再編に興味はない。

 「政治家としてもっと強くならなければならない」からだ。
 

海老名版のローカルニュース最新6件

野球ひじ、予防へ

海老名車両基地ツアー

引退間近のロマンスカーで行く

海老名車両基地ツアー

7月27日号

市民の意見、議員へ

ビナレッジで健康講座

口腔がん検診

口腔がん検診

7月27日号

撤去に補正予算

市内の危険ブロック塀

撤去に補正予算

7月27日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

昆虫好き集まれ

昆虫好き集まれ

かぶとくわがた教室

8月2日~8月2日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク