海老名版 掲載号:2015年1月30日号 エリアトップへ

樹齢350年以上「有馬のはるにれ」 県天然記念物指定から60年

文化

掲載号:2015年1月30日号

  • LINE
  • hatena
本郷の上星谷にそびえ立つ
本郷の上星谷にそびえ立つ

 「なんじゃもんじゃ」の通称で知られ、高さ15m、周囲8・6m、樹齢350年を超える海老名の名木「有馬のはるにれ」。今年度で県天然記念物指定から60年、「かながわの名木100選」に選定され30年を迎えた。

 北海道から本州にかけての山地に自生する「ハルニレ」は海老名のような温暖な地域で大きくなるのは珍しいとされ、3、4月頃に咲く花はあまりに小さく見つけることが困難なため、「幻の花」と言われることもあるという。

 幹の空洞化による腐朽や倒木の恐れがあることから、1994年度から樹木医による診断や、栄養が行き渡るようにする土壌改良、剪定など、これまでも保存修理が進められてきた。

 2月上旬からは地面から露出している根幹部分の空洞を防ぐため、補修材を詰め強化を図っていくとともに、枝葉が繁茂したことから負担軽減のため樹幹部の剪定を行う。

 市教育総務課文化財係によると「保存修理により樹勢が回復している」と話している。

「なんじゃもんじゃ」の由来と歴史

 この名木は海老名市史のむかしばなしにも紹介されている。

 江戸時代寛永の頃、半井(なからい)驢庵(ろあん)という御典医が将軍徳川家光に仕え、病を治療した功績により、この地に館を設けた。後に朝鮮に渡り、帰国の際に持ち帰ってきたハルニレを植樹したことが始まりで、名前を知る人がいなかったため、「なんじゃもんじゃ」と呼ばれたと伝えられている。

 根元の大きな空洞の中には焚火で焦がした形跡があり、旅人たちが雨宿りや一夜の宿にしたとされ、広い草原だったこの地は遠くは霞んで見えず、木を眺めて「用田の宿も近い、厚木国分の宿も何里だ」と疲れた旅人を元気づけ慰めてくれたといわれる。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

海老名を描き観客賞

海老名を描き観客賞 文化

海老名在住の城戸さん

1月28日号

街頭犯罪等の発生状況

【Web限定記事】座間警察署管内

街頭犯罪等の発生状況 社会

2022年1月17日〜1月23日

1月28日号

いちごが給食に

いちごが給食に 教育

市内農家が提供

1月28日号

節分そばの準備着々

節分そばの準備着々 社会

座間市蕎麦商組合

1月21日号

大人の仲間入り祝福

大人の仲間入り祝福 社会

座間市障害者団体連合会

1月21日号

冬空に響く和太鼓の音

冬空に響く和太鼓の音 社会

ふたば愛子園

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook