神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

海老名市台湾交流 人気のパイナップル寄贈 市内15カ所の施設に500キロ

社会

公開:2021年4月30日

  • X
  • LINE
  • hatena
右から張処長、内野市長、寄贈先の市立わかば園の山田園長、NOP法人グランメールの佐藤理事長
右から張処長、内野市長、寄贈先の市立わかば園の山田園長、NOP法人グランメールの佐藤理事長

 台湾の駐日代表機関「台北駐日経済文化代表処」横浜分処の張淑玲(ちょうしゅくれい)処長が21日、海老名市の内野優市長を訪問し、500キロ分の台湾産パイナップルを寄贈した。その日のうちに市内15カ所の障害児施設などに配布された。

 内野市長と張氏は、5年ほど前に内野市長が訪れた台湾で知り合った。張氏は台湾の外交官だった。張氏は2年前に横浜分処長に就任し、新型コロナの感染拡大当初には、内野市長が防護服やマスクの調達を張氏に相談。台湾からマスク5千枚が届いたこともある。

 台湾産パイナップルはこれまで97%を中国向けに輸出していたが、今年3月に中国が輸入を停止した。これを機に日本国内で台湾支援の動きが始まった。他の産地に比べて甘みが強く、芯まで食べられる台湾産パイナップルの話題がSNSなどで拡散され、今では品薄という。

 張氏は「日本の皆様の応援に感謝するため県内でパイナップルの寄付を行っている。内野市長がいる海老名市には50箱、500キロを持参した。施設の皆様に思う存分召し上がってもらいたい」とあいさつした。

 内野市長は「先日、張処長から台湾パイナップルを頂いた。あまりのおいしさと甘さに驚いた。国際的には様々な問題もあるが、私たちは同じ人間として見ていくべき。コロナが収束したら台湾を旅したい」と旧交を温めた。

 海老名、座間、綾瀬、大和にまたがる地域には、第二次世界大戦時に「高座海軍工廠」があり、台湾から動員された少年工約8千人が寄宿していた。現在も当時の少年工やその子孫が当地の関係者と交流している。

中華街で催し

 4月29日(祝)から5月6日(木)まで、横浜中華街で台湾パイナップルフェスティバルが開催中。東京タワーでも5月16日(日)まで台湾祭が開催されている。張氏は「感染対策万全で楽しんでほしい」と話していた。

至高の休日スタイル 

綾瀬市綾西5丁目 wonderful holiday

https://kato-koumuten.com/

Dr.コパ講演会

その他イベント情報はHPから

https://ayase-bunka.com/

新しいお墓のカタチ

永代供養墓「博愛の絆」税込19万円~ 問い合わせは0120-70-2504

http://www.saint-sophia.com/ayase/

蓮の花の下で眠る 樹木葬型永代供養付ファミリー

「ファミリー」税込33万円~ 問い合わせは0120-70-2504

http://www.saint-sophia.com/ayase/

相武台ほうさい殿ご葬儀個別相談

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

https://www.sougi-itabashi.co.jp/housaiden/26sobudai/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

eスポーツで健康づくり

座間市

eスポーツで健康づくり

有志市民が参加呼びかけ

6月21日

県アマゴルフで初V

海老名市山崎さん

県アマゴルフで初V

2度目のプレーオフ制す

6月21日

生き物 浮き彫りに

海老名市在住宮武正則さん

生き物 浮き彫りに

18日から10年ぶり作品展

6月14日

保育士に12万円給付へ

座間市

保育士に12万円給付へ

佐藤市長「市としての姿勢」

6月14日

保育所開設を断念

座間市25年度

保育所開設を断念

関連予算を減額補正

6月7日

よみがえる大凧の歴史

座間市

よみがえる大凧の歴史

AIで写真はすべてカラー化

6月7日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook