鶴見区版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

つるみワクワク☆mamaフェス実行委員長を務める 小野 由紀子さん 本町通在住 39歳

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena

人を動かす情熱家

 ○…子育てをするママたちを笑顔に。そんな願いをこめ、実行委員長として企画したイベント「つるみワクワク☆mamaフェス」が、いよいよ3月5日、開催される。「話が持ち上がった時はこんな大きな話になるなんて思っていなかった」。資金ゼロの状態から、企業の協賛集め、保育園などへの宣伝活動など、子育てや仕事の時間を両立しながら、走り回ってきた。実行委員として伴走してきた梅原裕子さんも子を持つ母。「彼女ががんばってくれたおかげ」と感謝を表す。

 ○…鶴見市場出身。普段は市場でパン教室を主宰する。もともとパン作りが好きで、「香りが幸せな気分にしてくれる」のが魅力。小売りではなく、教室にしたのは、人を育てたかったから。教室を開校する以前に働いていた飲食業界では、学生アルバイトを熱血指導していた。「若い子はクールになりがちだけれど、熱く一生懸命にやることこそ、かっこいいと伝えたくて」。鍛えられ、職場を卒業する学生は「ここで働けて良かった」と涙を流した。「成長を見られて、私もうれしかった」と振り返る。

 ○…かつて横浜F・マリノスで活躍したGKのプレーに感動して以来、誰かを熱くさせるような人になりたいと思い続けてきた情熱家。「占いの生まれ星が、テニスの松岡修造さんと一緒らしいんです」と笑う。家庭では、5歳と1歳の子を持つ母。長男は、パン作りに興味を持ち共に台所に立つことも。次は米の研ぎ方を教える予定だという。

 ○…生まれ育った鶴見の町が好きだ。「下町っぽさが心地良い」。子育て支援活動で地域への還元ができたらという思いもある。そして何よりも、人が好き、自分自身が推進力になることが生きがいだ。「結局、仕切るのが好きなのだと思う。もちろん、自分勝手にやるのではなくて、皆がハッピーになれるように引っ張っていきたい」。誰にも負けない情熱で、誰かのハートに火を点けていく。

鶴見区版の人物風土記最新6

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月22日号

津久井 茂充さん

手作り仏塔模型の展示を馬場地域ケアプラザで行った

津久井 茂充さん

馬場在住 78歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月8日号

鈴木 雅己さん

鶴見警察署長に就任した

鈴木 雅己さん

鶴見中央在勤 57歳

4月1日号

野末 浩之さん

第1回うしおだ食料支援&なんでも相談会実行委員会の委員長を務める

野末 浩之さん

本町通在勤 59歳

3月25日号

村松 緑さん

近隣の学校で絵画や染め物などを子どもたちに教える

村松 緑さん

朝日町在住 

3月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter