鶴見区版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

横浜市教育委員会から感謝状を受けた生麦小・三麦会など地域での活動を楽しむ 寺内 克彦さん 北寺尾在住 61歳

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena

交わる楽しさに魅せられて

 ○…生麦小学校在校児童の父親らを中心に、自主企画イベントや学校・地域行事の手伝いなどを行う三麦会。「最初は何をしているか知らなかった。PTAと同じで当然入るものだと」。加入当初を笑って振り返る。今年卒業の長女が入学してから6年。昨年から会長を務めるが、「音頭取りだけ」と周囲の協力に感謝する。

 〇…建設会社で勤務する現役の会社員だが、三麦会のほか、町会の副会長、青少年指導員としても活動する。どれも共通するのは「やってみたら楽しかった」ということ。地域の祭りに学校行事、子どもたちに体験してほしいと関わったのが始まりだ。「少しは手伝わないと」。一歩踏み入れたら、どっぷりとハマった。「学校では、会などに入っていないと、父親同士の交流はゼロに近い」。初対面の気遣いが苦手としながら、その先にある楽しさが勝る。

 〇…交流する面白さに気づいたのは、離婚を経験したから。仕事にやりがいを見出していた企業戦士だった。でも一人になり、バカらしさを感じた。周囲と交流する真逆の人生。「こんなに楽しかったんだ」と発見した。「人生二度楽しんでいる」と笑う。そんな中、最近夢中なのは山登りだ。妻と娘2人、4人で出かけ、山中泊も。自分が楽しむ姿を見せ、家族もハマらせた。「娘たちには、山以外にも連れていけと言われるけど」とおどける。

 〇…子どもは地域で育てるということが見直され始めていると感じる。学校では身につかない社会性もある。親として、大人として伝えるのは大切なこと。「体で感じて、受け継いでもらえれば」。今後も地域での活動は続けるつもりだが、実は先日引っ越した関係で、これまでの役は年度末に降りる。区域外会員となる三麦会以外は一から。「急に入ってできるものじゃない。ゆっくり良い関係を築かせてもらえれば」と新天地に思いを寄せる。「面倒も楽しみも連鎖する」。その背中で、楽しさを伝えていく。

鶴見区版の人物風土記最新6

金子 剛士さん

鶴見神社の3代目宮司に就いた

金子 剛士さん

鶴見中央在住 54歳

6月30日号

大谷 千惠子さん

つるみ背守り会で土台となるさらしの台紙を長年作り続ける

大谷 千惠子さん

豊岡町在住 86歳

6月23日号

高橋 博之さん

横浜市鶴見区社会福祉協議会の事務局長に就任した

高橋 博之さん

鶴見中央在勤 53歳

6月16日号

松本 智さん

鶴見図書館の館長に就任した

松本 智さん

馬場在住 60歳

6月9日号

高岡 俊之さん

今年度の神奈川県弁護士会会長を務める

高岡 俊之さん

中区在住 60歳

6月2日号

間瀬 なのはさん

パリ五輪ブレイキン強化指定選手に選出された

間瀬 なのはさん

岸谷在住 15歳

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook