神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2024年5月16日 エリアトップへ

独自の食料支援活動を続ける「うしおだ診療所」で所長を務める 渡部 琢也さん 本町通在勤 58歳

公開:2024年5月16日

  • X
  • LINE
  • hatena

安心して過ごせる地域に

 ○…「誰も置き去りにしない医療」を目指し、コロナ禍でも発熱外来や1万回を超えるワクチン接種などを行ってきた「うしおだ診療所」の所長を務める。コロナ禍から続けてきた食料支援活動は、地域住民が「健康で文化的な生活を送れるように」と企画したもの。「周辺地域を安心して住み続けられるまちにしたい」と意気込む。

 ○…福島県出身。大学院卒業後に臨床医を務め、その後、研究医として遺伝子や動脈硬化などの分野で25年以上研究を続けて44歳で教授に。「10年後の医療を考えよう」を合言葉に研究に明け暮れてきた。4年前に「コロナ禍でひっ迫する医療現場の支えに」と改めて臨床医に戻る決断をし、同診療所に勤務するように。その最中、長年連れ添った妻をがんで亡くした。突然の出来事に途方に暮れたが、「研究医時代とは違って、今、目の前にいる人を助けたい。そんな思いが強くなった」と言葉を噛みしめながら語る。それからは通常の診療に加え、地域に出て病気の予防の大切さを訴える訪問活動も積極的に行っている。

 ○…医師を目指したのは「医学の研究をしたい」という探究心からだった。帰宅した後、遅くまで論文を書いている姿に「受験生」と呼ばれていたことも。「今は地域医療にスイッチが入っている、切らさないようにしたい」とほほ笑む。

 ○…治療だけでなく、地域医療の情報を欠かさず調べ、神奈川県のがん検診の指標にも注目している。首都圏に近いほど受診率が低い状況があるほか、「各種のがん検査の受診率を見ても、神奈川県は他県と比べて最下位に近い」と危惧する。「がんは定期的な検診で判明することもある。未病で止めるため、今後も啓蒙活動に努めていきたい」と力強く語った。

鶴見区版の人物風土記最新6

長戸 はるみさん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに7月に就任した

長戸 はるみさん

川崎市在住

7月11日

高橋 しゅんさん

5年ぶりに行われる「ふるさと岸谷祭り」で実行委代表を務める

高橋 しゅんさん

東寺尾在住 50歳

7月11日

福嶋 隆太郎さん

5月に横浜建設業協会の会長に就任した

福嶋 隆太郎さん

戸塚区在住 55歳

7月4日

天木 久雄さん

寺尾地区自治連合会の会長に就任した

天木 久雄さん

北寺尾在住 70歳

6月27日

岡田 伸浩さん

(公財)横浜市観光協会の理事長を務める

岡田 伸浩さん

西区在勤 71歳

6月20日

佐々木 泰広さん

上末吉地区自治連合会の会長に新しく就任した

佐々木 泰広さん

上末吉在住 73歳

6月13日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook