海老名版 掲載号:2012年9月21日号
  • googleplus
  • LINE

厚木駅周辺再開発 「早期事業化目指す」 内野市長が初めて明確に答える

政治

小田急線南側・県道西側が再開発事業の検討エリア
小田急線南側・県道西側が再開発事業の検討エリア

 厚木駅周辺の再開発事業に関し内野優市長が18日、「事業効果が見込まれるコンパクトなエリアを設定し、市街地再開発事業による早期事業化を目指していく」という考えを示した。開会中の9月定例会の中で倉橋正美議員(創新海クラブ)の一般質問に答えたもの。同エリアの再開発に関し、市長が明確な答えを示したのは初めて。

構想エリアは小田急南側・県道西側

 この日、倉橋議員の質問側に答える形で登壇した市長は駅直近という立地を活かした開発を進めることで、「定住人口の拡大と賑わいの創出を図ることが可能だ」とし、福祉施設や健康・文化施設に加え、公営住宅の導入など具体的なイメージ案を示した。

 区域については「鉄道高架部や県道との調整、事業の費用対効果などの精査を進め、地権者の考えを聞きながら定めたい」とした上で、県道の西側・小田急の南側を中心に設定するとした構想案を明らかにした。

賛成5割 反対2割

 市内ではこれまでに望地、大谷市場など10地区の区画整理事業を全て組合施工で行ってきている。「市民の声や考えを取り入れることが重要」との考えに基づいたもので、今回も権利者自らが主体となって進める組合施工による事業化を目指す方針だ。

 昨年度からは対象地域の権利者およそ50人を中心に勉強会を組織。この中で行ったアンケート調査では検討を進めることに対し、権利者の5割が賛成、2割が反対の姿勢を示しているという。
 

海老名版のトップニュース最新6件

世界で活躍する野球審判員

今里在住清水さん

世界で活躍する野球審判員

2月16日号

「アーチ」生まれ変わる

国分寺台中央商店街

「アーチ」生まれ変わる

2月16日号

市内から2人受賞

県優良衛生技能者表彰

市内から2人受賞

2月9日号

消防署西分署整備に一歩

市議会臨時会

消防署西分署整備に一歩

2月9日号

遊作農園が県知事賞

県いちご品評会(果実の部)

遊作農園が県知事賞

2月2日号

25日に創立70周年式典

有馬中学校

25日に創立70周年式典

2月2日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク