海老名版 掲載号:2017年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

海老名総合病院レポート 今年の役割と抱負を語る 取材協力/服部智任病院長

―新年明けましておめでとうございます。就任2年目の昨年を振り返り、いかがでしたか?

 昨年は、海老名での業務はもちろんのこと座間総合病院との連携構築や「救命救急センター」の準備などあり、多忙な1年でした。座間総合病院との連携につきましては、患者様にもご理解いただき、比較的スムーズにすすめることができたと思います。

―座間総合病院の開業で、座間市内の救急搬送率が上がるなど順調に成果を上げているそうですね。4月に開設を予定している海老名の「救命救急センター」について教えてください。

 「救命救急センター」は脳卒中や心筋梗塞など重篤患者に対して高度医療を提供する機関です。県央二次医療圏(海老名・綾瀬・座間・大和・厚木・愛川・清川)は県内で唯一、これを持たないエリアでした。当院では今年4月にセンターを開設し、県央の医療体制向上という大きな役割を担っていきたいと思います。

―進捗はいかがですか?

 施設・人員の準備が整い、今月半ばから試験運用を開始いたします。東海大学病院と連携を図っていることもあり、順調に進んでいる状況ですね。センターの開設により、当院が掲げるテーマ「断らない救急」を、さらに目指せる体制になると思います。

―現在の救急医療の状況について教えてください。

 一昨年は7千件、昨年は8千件の救急患者を受入れました。高齢者の増加が要因となり、受入れ件数も年々増加しています。一方、救急患者の7割が「軽症」であることから、本当に必要としている人のためにも救急車の適正利用を病院側からも周知を図り、地域の方がより安心して暮らせる環境を提供できればと思います。

海老名総合病院

海老名市河原口1320

TEL:046-233-1311

http://ebina.jinai.jp/

海老名版のピックアップ(PR)最新6件

先進の下肢静脈瘤治療

メス使わず、保険適用で日帰り手術

先進の下肢静脈瘤治療

2月16日号

駅徒歩5分の賃貸マンション

オートロックに防犯カメラ、コインランドリーも併設 ペット相談可

駅徒歩5分の賃貸マンション

2月9日号

「糖尿病が”脳卒中の発症リスク”を高める!?」

知っておきたい脳のお話【6】

「糖尿病が”脳卒中の発症リスク”を高める!?」

2月9日号

「子の結婚」親が頑張る時代

オークラ海老名内にある結婚相談所「スワンズ」【17】

「子の結婚」親が頑張る時代

2月9日号

目元のクマ・たるみに注入治療

「老け顔・疲れ顔の原因にアプローチ」―症例3万件を突破 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

目元のクマ・たるみに注入治療

2月2日号

腰痛専門の治療院

潰れている人も、切らなきゃ無理といわれた人も…

腰痛専門の治療院

2月2日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク