瀬谷区版 掲載号:2012年6月14日号

瀬谷地区3つの合唱団の指導に当たる指揮者兼作曲家

橋本 剛さん

町田市在住 41歳

音に命を吹き込みたい

 ○…「びっくりするくらい良いものが出来たんですよ。聴いてくれた人はきっと何かを感じてくれるはず」と、満面の笑みで話す。東日本大震災などの被災者にエールを届けるためスタートした「歌おうNIPPONプロジェクト」。この企画に賛同、指導に当たっている瀬谷の3つの合唱団を含む6団体を率いて5月末に合同録音会を行った。「お陰で僕や団員は、新しいステップを踏めました。一緒にやる仲間もどんどん増えて、本当に幸せ」と喜びを隠せない様子。

 ○…相模原市出身。「父が音楽好き」と幼い頃からジャズやクラシック、映画音楽などに囲まれて育つ。高校時代には男声合唱団グリークラブに所属。自作の合唱曲で指揮も務めた。東京藝術大学作曲科在学中には、奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門優勝など数々の賞を受賞。その後、テレビ番組や高校の講師、舞台音楽監督などを歴任し、現在は、指揮者として複数の団体の指導をしながら、作曲・編曲活動を続けている。

 ○…「たくさんの人に愛される曲が作りたい」と目を輝かせる。ここ数年の曲作りは、合唱の組曲が主に。「みんなで楽しんでもらえる曲を、100曲書きたいと思っているんです」。年平均3〜4曲ほどの組曲を制作、現在までに約20曲作り終えた。まだ先は長く思えるが「指揮をしながら作曲するのが、楽しくて仕方ない」と生き生きした表情を見せる。時には、音符を書きながらコーラスの人に歌ってもらうこともあるそう。「歌う人の表情とともに音のイメージも広がって、音符が生き物の様に感じるんです」。続けて「どうしたら音に命を吹き込めるか、いつも考えてるんですよ」と、熱い眼差しで語った。

 ○…休日はのんびり過ごす。「東京散歩にはまってて。蕎麦屋ありきなんですけど」と、楽しそうに教えてくれた。蕎麦がとにかく好きで「美味しいお酒をちょっと飲んだ後が、またいい」と恥ずかしそうに笑った。
 

瀬谷区版の人物風土記最新6件

飯田 聖美さん

横浜少年少女合唱団の指揮者を務める

飯田 聖美さん

1月19日号

森 大樹(だいじゅ)さん

第66代(一社)横浜青年会議所理事長に就任した

森 大樹(だいじゅ)さん

1月5日号

岡村 信悟さん

(株)横浜DeNAベイスターズ代表取締役社長に就任した

岡村 信悟さん

1月1日号

勝見 洋介さん

剣道の「第64回全日本選手権大会」で初優勝を果たした

勝見 洋介さん

12月15日号

遠藤 昇さん

横浜西部工業会会長を務める

遠藤 昇さん

12月8日号

吉田 哲夫さん

緑化フェアのカウントダウンボード設置をけん引した市緑の協会理事長を務める

吉田 哲夫さん

12月1日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク