瀬谷区版 掲載号:2011年2月10日号
  • googleplus
  • LINE

瀬谷第二ラプターズ 守備を"武器"に全国へ ミニバス女子 区内初の県大会優勝

スポーツ

優勝メダルを手に笑顔のラプターズメンバーたち
優勝メダルを手に笑顔のラプターズメンバーたち

 瀬谷第二小学校を拠点に活動するミニバスケットボールチーム「瀬谷第二ラプターズ」(星雅博監督)の女子チームが、1月29日まで行われた神奈川県大会を制し、県内255チームの頂点に立った。3月29日からさいたまスーパーアリーナで行われる全国大会に出場する。

 瀬谷第二ラプターズは県大会準決勝、山元ミニバスケットボールクラブ(中区)に30対26、決勝は川上北ブルーデビルス(戸塚区)に25対21で勝利。1月の関東大会に出場するなど実力ある両チームから、接戦の末勝ち星を挙げた。星監督は「チームの特徴である守備を生かしたプレーができた」と勝因を語る。

 決勝戦の対戦相手・川上北ブルーデビルスは、今年度公式戦で3度目の対戦。川上北には練習試合を含めて今年度1度も勝利できずにいた。両チームは毎夏に合同合宿を行うなど、互いに切磋琢磨してきた関係。星監督は「敵というより良きライバル。技術面ではほぼ同じくらいなので、勝てた要因は勝利への気持ちが強かったことかな」と振り返る。

全員バスケで全国優勝めざす

 区内ミニバス女子チームの県大会優勝は初。同チームでは1991年の創部以来、98年の県大会準優勝が最高だった。昨年、同チーム男子が区内で初めて全国大会に出場し見事優勝。星監督は「女子チームの方が歴史がある分、勝たせてやりたかった」と話す。

 昨年度は女子チームに6年生選手がおらず、5年生中心のチーム構成を余儀なくされた。「試合の相手はほとんど6年生。技術面で勝っていても、体力面で負けてしまうことが多く、悔しい思いもしてきた。でもそれが良い経験にもなった」と星監督。3月の全国大会には各都道府県の代表48チームがトーナメント戦で戦う。主将の小林麻里沙さん(瀬谷第二小6年)は「県大会では全員の勝ちたい気持ちが強かった。全国でも変わらない気持ちで臨み、優勝したい」と話し、全員バスケで頂点を目指す。
 

瀬谷区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

7年ぶり全国で「攻める」

瀬谷リトルシニア

7年ぶり全国で「攻める」

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

3月12日に開通へ

瀬谷団地連絡道路

3月12日に開通へ

3月8日号

「じゃんぼかるた」で対決

瀬谷スポーツセンター

「じゃんぼかるた」で対決

3月1日号

仏料理大会で世界2位

工藤雅克さん(二ツ橋町)

仏料理大会で世界2位

3月1日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク