瀬谷区版 掲載号:2011年7月28日号
  • googleplus
  • LINE

瀬谷の地産地消の明日を担う―若き農業家【4】 工夫と愛情込めてナス作り 宮沢 上杉兼次さん

社会

▲「食べた時に皮が口に残らないナスを作るのがこだわり」と上杉さん
▲「食べた時に皮が口に残らないナスを作るのがこだわり」と上杉さん

 「夏はめっきりナス屋さんだね」と話すのは、宮沢に約2500平方メートルのナス畑を持つ上杉兼次さん(37)。上杉さんは夏のナス、冬のホウレン草を主力に、キュウリ、ズッキーニ、小松菜、キャベツ、ブロッコリー、サツマイモ、ジャガイモなどさまざまな野菜を栽培、出荷している。ナスは6月から出荷シーズンを迎え、11月半ばまで1日平均2000個、最盛期のお盆の頃には1日に約4000個のナスを、毎日朝4時頃から畑で収穫して出荷する。

 「こだわりは皮を柔らかく作ること。持論だけど1つの木にたくさん実をつけさせることがポイントだと思う」と上杉さん。「木が元気だと体だけ大きくなって実をあまりつけないから、定植する前に畑の肥料の量を加減して、栄養が木に行き過ぎないようにしている」という。「栄養バランスを見るには、花が目安。雄しべより雌しべの先がちょっと出ている位がちょうど良い。花を見て、追肥したりしていく」と、手をかけ愛情を込め、育てていく。

 20代後半まではサラリーマンをしていた上杉さん。就農のきっかけは父親が病に倒れたことだった。「小さい頃から畑を手伝っていたけど農業高校に通っていたわけではないから、肥やしの成分から何からまったく分からなかった」と振り返る。「人に聞いたり、自分で失敗したり、手探りだった。でも、専門的に学んでいないから固定観念がなくて、それが逆に強みにもなっていると思う」と、今ではリピーターも多い美味しいナスの作り手になった。

 「手をかけたらかけた分だけ収穫量が上がる。直売所でお客さんに会ったときに『おたくのナス美味しいわね』なんて言われたら最高だね」と、にっこり笑った。上杉さんのナスはJA横浜瀬谷支店の直売所「ハマッ子」や、グリーンファーム戸塚店(阿久和南)などで販売されている。
 

▶薄紫色のナスの花
▶薄紫色のナスの花
▲夏の太陽を受けて実ったナス
▲夏の太陽を受けて実ったナス

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

住まい環境の満足度、6割

17年度区民意識調査

住まい環境の満足度、6割

3月15日号

コーヒーで「ほっこり」

柳さん(北新)が最優秀賞

相模線沿線フォトコン

柳さん(北新)が最優秀賞

3月15日号

和紙ちぎり絵600点

瀬谷駅・安田さんに感謝状

瀬谷消防署

瀬谷駅・安田さんに感謝状

3月15日号

3月31日は市民無料

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク