瀬谷区版 掲載号:2011年11月17日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 脱温暖化モデル住宅を整備 産・学と連携、販売は11月下旬から

社会

一般公開されている脱温暖化モデル住宅(緑区)
一般公開されている脱温暖化モデル住宅(緑区)

 横浜市では、低炭素社会の実現に向け、市と市内企業、大学三者で連携して進めている「横浜市脱温暖化モデル住宅推進事業」の一環で、市有地(緑区)に脱温暖化住宅11棟を整備する。先月末からモデル住宅が一般公開され、今月下旬から販売が開始される。

 この事業は産・学・官が連携して脱温暖化モデル住宅の整備を誘導するもので市民への普及、環境配慮型まちづくりのモデル構築、市内企業参加による経済活性化などを目的としている。

 市内の新築戸建住宅で現状、国が定める『次世代省エネ基準』を満たしているのは2割。市では今年4月に策定した地球温暖化対策実行計画の中で、2020年度までにすべての新築戸建住宅を適合させることを目指す。同事業はその一環に位置づけられている。

 販売は横浜市住宅供給公社に委託し、販売区画は11区画。定期借地権制度を利用し、価格は3600万円(土地保証金400万円込み)から予定。自然採光、通風を考えた住宅の配置、太陽光発電パネル、消費エネルギーを表示するHEMSの設置など、一般仕様住宅と比較し、CO2削減50%以上を目指す。

 設計、施工、マスタープランを市内大学や事業者から公募、選定された9者が関わる。施工会社として参加する岡山建設株式会社(本社西区)の担当者は「設計や配置の意図を踏まえた提案ができた。計画、設計、施工、各視点が盛り込まれている」と話す。

2週間で見学70件

 一般公開から2週間で来場件数は70件。販売担当者は「100件を目安にしているが、予想以上の反響」という。見学に訪れた女性は「エコへの意識が高まる。維持費、購入費を考えて購入を決めたい」と関心を寄せる。

 市は、住宅購入者に提供してもらう屋内の気温湿度データを公開していく。「市民の環境意識向上や企業の技術開発のほか、2015年度に予定する次の住宅モデルに生かす」としている。
 

瀬谷区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

7年ぶり全国で「攻める」

瀬谷リトルシニア

7年ぶり全国で「攻める」

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

3月12日に開通へ

瀬谷団地連絡道路

3月12日に開通へ

3月8日号

「じゃんぼかるた」で対決

瀬谷スポーツセンター

「じゃんぼかるた」で対決

3月1日号

仏料理大会で世界2位

工藤雅克さん(二ツ橋町)

仏料理大会で世界2位

3月1日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク