瀬谷区版 掲載号:2012年7月26日号
  • googleplus
  • LINE

初期消火は自らの力で 阿久和で震災対策訓練実施

社会

三角巾の取り扱い方も学んだ
三角巾の取り扱い方も学んだ
 阿久和西3丁目の瀬谷貉窪公園付近で7月8日、明和自治会と阿久和消防出張所、瀬谷消防団第1分団が連携した震災対策訓練が実施された。

 これは、東日本大震災発生後、首都直下型の大規模地震が発生する危険性が高まっているなか、災害時の連携体制の強化を図るため、「自らの地域は自らで守る」というテーマのもと行われたもの。

 当日は、午前10時に大地震が発生し、各地で火災も起こっていると想定。消防隊や消防団が到着するまで、地域住民による初期消火栓箱を活用した消火活動が本番さながらに行われた。また、署員による三角巾の使用法や担架の作成・搬送法などの指導もあり、住民らは真剣に耳を傾けていた。

大成祭典 希望が丘葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク