瀬谷区版 掲載号:2013年7月18日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市消防局 ケガ予防で救急出動抑制 事例や対策、冊子で紹介

 2年連続で救急車の救急出動が過去最多を更新している横浜市。今年は昨年を上回るペースで熱中症患者が急増しており、救急需要の抑制が課題となっている。市消防局(保土ケ谷区)では、予防救急の強化が急務とし、ケガの予防や対策を講じたハンドブックを作成し、7月から市内全域で配布。昨年約3万件あった一般負傷者の削減を図る。

 市内には63台の救急車が配備されている。同局警防部救急課によると、全国的に問題となった救急車の不適切な呼び出しは改善されつつあるが、高齢者や単身世帯の増加により出動件数は右肩上がりの状態。予算の関係もあり、救急車や人員を増やすのは難しいのが現状だという。

 救急出動の過去最多を記録した昨年は、17万288件に上った。その内訳は、急病が11万4019件と最も多く、次いで多かったのがケガなどによる一般負傷で2万7933件だった。

 同局では2011年の救急搬送事例から分析した結果、「市民意識を高めればケガは未然に防げる。予防救急の取り組み強化が必要」と認識。医療関係者、学識経験者、市民などによる「横浜市救急業務検討委員会」でまとめたハンドブック『救急搬送事例からみたケガの予防対策』を20万部作成した。

 同局は「ケガの予防は全ての年齢層で共通の課題です。ハンドブックを広く活用して頂き、ケガの予防に役立ててほしい」と訴える。ハンドブックは公共機関などで配布を開始している。

熱中症、昨年比4倍に

 市の発表によると、熱中症による救急搬送が7月8日時点で108人に上り、昨年比で83人増、約4・3倍の勢いで急増している。特に梅雨明け後の8日には49人が救急搬送され、警戒を呼びかけた。

 救急出動の内訳のうち一般負傷の部類に入る熱中症だが、こちらもケガと同様に予防意識を高めることで避けられるケースも少なくない。同局では「暑さに慣れる間は不要不急の外出を避け、こまめに水分補給をするなどして対策を」と呼びかけ、ホームページや消防車両などを活用した広報活動にも力を注いでいる。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

瀬谷から全国の舞台へ

インターハイ

瀬谷から全国の舞台へ

7月26日号

クールスポットで快適に

区内で2校、1施設

基準不適合のブロック塀

区内で2校、1施設

7月19日号

境川に防災スピーカー

ごみ量、年間の11倍に

大災害発生時

ごみ量、年間の11倍に

7月12日号

区内で早くも急増

熱中症による救急搬送

区内で早くも急増

7月12日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク