瀬谷区版 掲載号:2013年11月21日号
  • googleplus
  • LINE

下肢静脈エコー検査 100人中6人に血栓 簡易ベッドが有用

血栓を調べるエコー検査
血栓を調べるエコー検査
 瀬谷区役所で15日、エコノミークラス症候群の早期発見・予防のための「下肢静脈エコー検査」が実施された。主催は新潟大学の榛沢和彦氏、共催はエコノミークラス症候群予防支援会横浜支部、瀬谷区役所。

 災害で避難を余儀なくされ、避難所や車中泊などで長時間同じ姿勢でいることによって足の静脈の血流が滞って血栓ができ、その血栓が肺に飛んだりすることにより発症するのがエコノミークラス症候群だ。肺に血栓が飛ぶと呼吸困難と胸痛のほか動悸、冷や汗、血圧低下、意識障害を引き起こすことがある。心肺停止や、突然死など重篤になるケースもあるという。

 当日は約100人が受診した。血中酸素濃度測定、血圧測定、エコー検査、医師による問診が行われ、6人に血栓が見られたという。

 榛沢氏は東日本大震災の被災地などでエコノミークラス症候群の検査をしており、避難所にはベッドが有用だと説く。ベッドは足腰の弱った人が起き上がるのに楽で、体が動かしやすくエコノミークラス症候群の予防に一役買うという。

 瀬谷区は2011年8月、段ボールの事業者セッツカートン(株)と災害発生時に避難所で使用する段ボール製簡易ベッド等の支援協力に関する協定を結んでいる。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

初期消火技術を競う

求む、緑あふれる写真

フォトコンテスト

求む、緑あふれる写真

7月26日号

8月にコンサート

橘和さん阿久和南

8月にコンサート

7月26日号

瀬谷区の人材バンクが作品展

ミニ水族館をつくろう

内モンゴルの児童と交流

かんとう幼稚園

内モンゴルの児童と交流

7月26日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク