瀬谷区版 掲載号:2014年2月27日号 エリアトップへ

大雪で救急搬送23件 区民の足にも影響

社会

掲載号:2014年2月27日号

  • LINE
  • hatena

 本州の南海上を発達しながら進んだ低気圧と上空の寒気の影響で2月14日から15日にかけて大雪に見舞われた関東甲信越地方。横浜市では積雪28cmを記録した(横浜地方気象台調べ)。8日に続き2週連続の大雪に瀬谷区内でもバスや私鉄が一時運休し、多くの人の足に影響を及ぼした。

 瀬谷消防署(大山潔署長)によると横浜市内では8日から19日にかけて雪による救急搬送が488件(以下数字は全て速報値)、瀬谷区内で23件発生した。

 瀬谷区内では雪かき中や歩行中に転倒、転落し搬送された人が19人いた。その多くが腕や足の骨折や挫傷、捻挫した軽傷だった。中には中等症にあたる手骨折や脱臼骨折をした人、住宅の窓から転落し打撲した人もいた。交通事故による搬送も10日に3件、13日に1件発生。全てが走行中のスリップが原因だった。瀬谷消防署予防課の福元五喜課長は「今回の大雪では年代問わず歩行中の事故が非常に多かった。大雪の日の外出は控えていただきたいが、どうしても外出する際は、靴底に滑り止めのある靴を履き、鞄は両手が空くようなものを使用して十分備えて欲しい」と話した。

 また、瀬谷警察署(増田勝署長)によると15日から19日、道路上の車両の立ち往生に関する110番通報が8件あったという。積雪との直接的な因果関係は不明ながら、同期間に人身事故が22件(前年比14件減)、物件事故が131件(前年比14件増)発生した。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

自然生かした3エリアへ

旧上瀬谷通信施設の公園

自然生かした3エリアへ 社会

基本計画の原案まとまる

6月17日号

養育費確保に新制度

横浜市

養育費確保に新制度 社会

ひとり親を支援へ

6月17日号

瀬谷区、普及へ独自補助

感震ブレーカー

瀬谷区、普及へ独自補助 社会

地震時の電気火災防止へ

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

パラ競泳の代表に内定

日向楓選手(区内在住)

パラ競泳の代表に内定 スポーツ

国内大会で日本新連発

6月3日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter