瀬谷区版 掲載号:2014年8月28日号 エリアトップへ

こども平和スピーチ大会 金淵さんが市長賞 市代表で10月渡米

掲載号:2014年8月28日号

  • LINE
  • hatena
受賞のタテを持つ金淵さん
受賞のタテを持つ金淵さん

 今年で19回目を迎える「よこはま子ども国際平和スピーチコンテスト」が7月29日と30日に西公会堂で行われ、大門小6年の金淵萌さんが小学生の部で市長賞を受賞した。同賞の4人は”ピースメッセンジャー”として、10月にニューヨークを訪問する。

 同コンテストは、「よこはま子ども国際平和プログラム」の一環として行っているもの。国際平和への思いや、東日本大震災を通して見えた世界とのつながりなど、子ども独自の視点で発信してもらおうと、同プログラム実行委員会と市教育委員会が小中学生を対象に実施している。

 金淵さんは昨年に続き2回目の参加。同小代表として、5月に行われた地区予選に臨み、本選への出場を決めた。

「勇気を持って活動を」

 スピーチのタイトルは「勇気への第一歩」。金淵さんは東日本大震災発生から3カ月後、東北出身の両親とともに被災地を訪れ、津波の被害を目の当たりにした。「自分も少しでも力になりたいけれど、一人では何もできない」と感じていた時、瀬谷区が行った「瀬谷丸」を被災地に贈るための募金活動を知った。一人の力が集まると、これだけ大きなことが出来るのだと驚いたという。さらに、建築家として現在も被災地で活動する父親への思いをスピーチに込め、「自分も父のように、勇気を持って活動をしていきたい」と話した。

 何か具体的な動きをしたいと考えていた時、「ふくしまオーガニックコットンプロジェクト」のことを知る。これは、震災で打撃を受けた福島県の農業を応援するため、有機栽培の綿を育てようという活動。金淵さんはクラスに呼びかけ、同小の畑で6年生全員が参加することになった。「思い切って話したら、皆がやろうと言ってくれた。それをぜひ話したいと思った」

 スピーチについて、「何度も自分で原稿を直したので、内容は自然と覚えていった」といい、何を伝えたいかという気持ちを大事に、メリハリをつけて話すことに気を付けたという。コンテストの前にはクラスの皆から寄せ書きをもらうなど、周りからの応援も大きな支えとなった。

 担当の原瀬光子教諭は「本人は緊張していたようだが、終わった後はやり切った顔を見せていた」と発表を振り返った。

 市代表として10月にニューヨークを訪問することが決まっている金淵さん。「今は不安の方が大きいが、他の人たちの思いを持っていくつもりで頑張りたい」と笑顔で抱負を語った。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

ラジオ体操で介護予防

第四地区社協

ラジオ体操で介護予防 社会

25日に10周年イベント

8月22日号

在留外国人対応策を拡充

横浜市

在留外国人対応策を拡充 社会

11言語で困りごと解決

8月22日号

国際行事へテロ対応訓練

国際行事へテロ対応訓練 社会

関係機関 連携強化目指す

8月15日号

中屋敷で移動販売車

セブンイレブン

中屋敷で移動販売車 社会

買い物弱者支援へ

8月15日号

瀬谷ライダーズが準優勝

県小学生野球連盟大会

瀬谷ライダーズが準優勝 スポーツ

「意地見せた」準決で逆転劇

8月8日号

11月30日から新ダイヤ

相鉄・JR直通線

11月30日から新ダイヤ 社会

通勤特急・通勤急行の導入も

8月8日号

21年完成目指し起工式

ビルや駅前広場など整備

21年完成目指し起工式 社会

瀬谷駅南口の再開発

8月1日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク