瀬谷区版 掲載号:2014年11月27日号
  • googleplus
  • LINE

下瀬谷中周辺 歩行者の安全確保へ 区内3番目の「ゾーン30」

社会

安全対策チームのメンバー
安全対策チームのメンバー
 歩行者らの安全な通行確保を目的とした速度規制区域「ゾーン30」がこのほど、下瀬谷中学校周辺に設定された。東野地区に続き瀬谷区では3カ所目。グリーンベルト等で自動車の速度抑制が期待される。

 今回「ゾーン30」に設定された下瀬谷中学校周辺の市道「瀬谷第357号」は、中原街道や環状4号線が出来たことに伴い、抜け道として使われるなど交通量が増加。直線道路のため適性速度を超えた走行も多く、住宅がある東側は片側歩道となっていることで、日頃から危険を訴える住民も多かったという。

 2012年には、自動車との接触を避けようとした歩行者が転倒する事故が2件発生。これを受け、下瀬谷第三町内会では13年1月、5人からなる「市道瀬谷357号線安全対策チーム」を立ち上げた。

 同年9月に行われた土木事務所との3回目の会議で、「路肩の内側に1・18m幅の歩道域を確保し、グリーンベルト塗装を行うこと」「中央線を消去すること」等の対策案が決定。同年11月に土木事務所と瀬谷署へ正式に要望書が提出された。同署が「ゾーン30」の候補地として市道を含む周辺地域を挙げていたこともあり、話し合いは順調に進み、実施に至った。

 同チームの清水二郎代表は、「家から出るとすぐ目の前を車が走っていて、危険を感じている人が多かった。グリーンベルトが出来、安心して堂々歩けるようになったという声も上がっている」と実感を語り、「運転手の中にはまだ知らない人も多いと思う。歩行者の安全確保には運転手の協力が必要なので、これからも呼びかけていきたい」と付け加えた。

 東野地区で既に整備されている「ゾーン30」について、瀬谷署は「効果測定を引き続き行っている。設定には基準も多く次回は未定だが、地域からいくつか声が挙がっているため、今後2〜3カ所は増やすことになるのでは」と話した。

歩行可能な幅が広がった
歩行可能な幅が広がった

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

瀬谷から全国の舞台へ

インターハイ

瀬谷から全国の舞台へ

7月26日号

クールスポットで快適に

区内で2校、1施設

基準不適合のブロック塀

区内で2校、1施設

7月19日号

境川に防災スピーカー

ごみ量、年間の11倍に

大災害発生時

ごみ量、年間の11倍に

7月12日号

区内で早くも急増

熱中症による救急搬送

区内で早くも急増

7月12日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク