瀬谷区版 掲載号:2015年2月12日号 エリアトップへ

上瀬谷小5年生 一年間育てた米で調理 地域ボランティアも参加

教育

掲載号:2015年2月12日号

  • LINE
  • hatena
協力して調理する5年生児童
協力して調理する5年生児童

 上瀬谷小学校(古谷野明校長)で2月3日、5年生の家庭科授業「ごはんとみそしるをつくろう」が行われ、児童が一年かけて育てた米でご飯を炊いた。米作りは瀬谷環境ネット(宮島行壽代表)と共に毎年実施している。

 この取組みは、環境学習支援事業として瀬谷環境ネット会員がアドバイスをしながら、一年間続けてきたもの。児童たちは代掻きや田植え、草取りや稲刈りなどの過程を通して自然と触れ合い、稲の成長を間近で観察してきた。5年生は、社会科で農業、総合学習で米について学び、家庭科では「ご飯と味噌汁」の調理が単元に入っていることから、全てひと続きの内容で学べる学年となっている。

 児童たちは4〜5人のグループに分かれ洗米からスタート。炊飯では鍋を使用し、「30分以上の吸水」を意識して強火、中火、弱火と火加減を調整。時々慎重に覗き込みながら炊き上がりを待った。同時進行で作った味噌汁は煮干しやかつおぶしなど、だしの段階から取り掛かり、各班で旬の具材を考え、直売所をイメージしながら身近に手に入る大根やねぎを選んだ。

 完成したご飯と味噌汁を味わった児童たちは、「おいしい」「おこげができてる」「ちょっと味が濃かったかな」と感想を言い合い、ご飯を食べ比べるなど、育てた米の味を確かめていた。

 授業の最後に、この日参加した同会の鈴木雄大さんに向けて、代表児童が感謝を述べると、鈴木さんは「本当においしかった。皆さんの気持ちをいただきました」と話し、「横浜の他の学校だとなかなかできないこと。大人になっても覚えていてほしい。上瀬谷にはこんな生き物や、こんな景色があったということを忘れないで」と付け加えた。

 古谷野校長は「地域の関わりの中でバックアップしていただき、ありがたい。今後も関係を保っていけたら」と授業を振り返った。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

初の全国大会出場へ

横浜隼人中野球部

初の全国大会出場へ スポーツ

市春季大会で初優勝

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

河川功労者表彰を受賞

二ツ橋水辺愛護会

河川功労者表彰を受賞 社会

20年以上の活動を評価

5月12日号

防犯カメラ12台設置

瀬谷銀座通り商店会

防犯カメラ12台設置 社会

治安維持や交通安全に

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook