瀬谷区版 掲載号:2015年2月12日号 エリアトップへ

上瀬谷小5年生 一年間育てた米で調理 地域ボランティアも参加

教育

掲載号:2015年2月12日号

  • LINE
  • hatena
協力して調理する5年生児童
協力して調理する5年生児童

 上瀬谷小学校(古谷野明校長)で2月3日、5年生の家庭科授業「ごはんとみそしるをつくろう」が行われ、児童が一年かけて育てた米でご飯を炊いた。米作りは瀬谷環境ネット(宮島行壽代表)と共に毎年実施している。

 この取組みは、環境学習支援事業として瀬谷環境ネット会員がアドバイスをしながら、一年間続けてきたもの。児童たちは代掻きや田植え、草取りや稲刈りなどの過程を通して自然と触れ合い、稲の成長を間近で観察してきた。5年生は、社会科で農業、総合学習で米について学び、家庭科では「ご飯と味噌汁」の調理が単元に入っていることから、全てひと続きの内容で学べる学年となっている。

 児童たちは4〜5人のグループに分かれ洗米からスタート。炊飯では鍋を使用し、「30分以上の吸水」を意識して強火、中火、弱火と火加減を調整。時々慎重に覗き込みながら炊き上がりを待った。同時進行で作った味噌汁は煮干しやかつおぶしなど、だしの段階から取り掛かり、各班で旬の具材を考え、直売所をイメージしながら身近に手に入る大根やねぎを選んだ。

 完成したご飯と味噌汁を味わった児童たちは、「おいしい」「おこげができてる」「ちょっと味が濃かったかな」と感想を言い合い、ご飯を食べ比べるなど、育てた米の味を確かめていた。

 授業の最後に、この日参加した同会の鈴木雄大さんに向けて、代表児童が感謝を述べると、鈴木さんは「本当においしかった。皆さんの気持ちをいただきました」と話し、「横浜の他の学校だとなかなかできないこと。大人になっても覚えていてほしい。上瀬谷にはこんな生き物や、こんな景色があったということを忘れないで」と付け加えた。

 古谷野校長は「地域の関わりの中でバックアップしていただき、ありがたい。今後も関係を保っていけたら」と授業を振り返った。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

「安心安全な世界」願う壁画

さくら小児童

「安心安全な世界」願う壁画 教育

アフリカの生徒と制作

2月20日号

空き家相談 周知に課題

空き家相談 周知に課題 社会

窓口開設も利用者低調

2月20日号

中量軌道輸送を整備へ

都市高速鉄道上瀬谷ライン

中量軌道輸送を整備へ 社会

瀬谷駅周辺と跡地結ぶ

2月13日号

関東の舞台で熱演

瀬谷西高演劇部

関東の舞台で熱演 教育

創部以来初の快挙

2月13日号

更生保護女性会が50周年

更生保護女性会が50周年 社会

犯罪防止や立ち直り支援

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 社会

IR推進に4億円

2月6日号

過去最少の16件

瀬谷区の19年火災件数

過去最少の16件 社会

放火減少が要因に

1月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

早春の神社と公園巡る

早春の神社と公園巡る

瀬谷水緑の健康ウォーク

2月24日~2月24日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク