瀬谷区版 掲載号:2015年3月19日号 エリアトップへ

若葉台団地 「体験入居室」がオープン 子育て世代へ魅力発信

経済

掲載号:2015年3月19日号

  • LINE
  • hatena
トータルコーディネートされた「体験入居室」
トータルコーディネートされた「体験入居室」

 神奈川県住宅供給公社は4月11日(土)、若葉台団地=旭区=の一戸を宿泊体験ができる「体験入居室」としてオープンさせる。高齢化が進む同団地の再生プロジェクトのひとつで、若年層や子育て世代へ団地の魅力を発信し、「若い世代」の流入促進を図るのが狙いだ。

 1979年から分譲が始まった若葉台団地では、少子高齢化・人口減少が進む。65歳以上の高齢化率は約40%、人口は1万5012人(14年12月)と、ピーク時の2万683人(92年)から約5千人減少している。

 こうした状況を踏まえ、公社は団地再生のターゲットを若年・子育て世代とし、その世代にアピールするため「体験入居室」を整備。同団地への転入を検討している人向けに、無料で宿泊して団地生活を体験してもらい、住み心地や周辺環境を肌で感じてもらうことを目的としている。同取り組みは国土交通省補助事業の採択を受けた、モデル事業の一部として実施される。

 団地再生に向けた取り組みには地域住民も積極的に携わっており、宿泊体験者にガイドを行うことも計画されている。若葉台連合自治会の山岸弘樹会長は「地域としても若い人や子育て世代の人が暮らしやすいよう整備を進めている。(宿泊体験者には)街全体を歩いてもらって、若葉台の良さを感じてほしい」と話す。

 問い合わせは若葉台まちづくりセンター【電話】045・921・2000へ。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

11月にふるさとウォーク

11月にふるさとウォーク スポーツ

主催者が参加者募る

10月22日号

保育の方向性を共有

保育の方向性を共有 教育

大学教授が講演

10月22日号

事業者にステッカー

事業者にステッカー 経済

市、感染予防策後押し

10月22日号

本郷公園でピラティス

不妊治療の支援へ意欲

三原副大臣ら

不妊治療の支援へ意欲 政治

市内クリニックを視察

10月22日号

長年続く大門小の凧揚げ

【Web限定記事】プレイバック瀬谷㉖

長年続く大門小の凧揚げ 社会

17年5月を振り返る

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク