瀬谷区版 掲載号:2015年3月26日号 エリアトップへ

横浜隼人女子卓球部 初の「日本一」に挑む 春の選抜大会に出場

スポーツ

掲載号:2015年3月26日号

  • LINE
  • hatena
全国への意気込みを語った隼人女子卓球部
全国への意気込みを語った隼人女子卓球部

 横浜隼人中学・高校=阿久和南=の女子卓球部が、中高ともに全国選抜大会(団体戦)に出場する。中学は28日から埼玉県で、高校は25日から香川県で開催中の同大会。中高揃って悲願の「日本一」へ挑戦する。

 中学女子卓球部は昨年12月、神奈川県中学生卓球大会で優勝。12年連続となる選抜大会への切符を掴んだ。高校卓球部も昨年12月に行われた関東高等学校選抜卓球大会で3位入賞し、9年連続で同大会に出場する。

 昨年の同大会では、中学が3位になり、高校もベスト16まで勝ち進んだ。中学卓球部主将の松井彩音さん(2年)は「昨年の大会は3位、夏の全中は準優勝で(日本一まで)あと一歩だった。今回も(団体戦に出場する)6人一丸となって頑張る」と意気込みを語る。高校卓球部主将の松井遼(はるか)さんは「去年はベスト16で悔しい思いをした。今年はベスト4には入りたい。チームで戦うのが隼人。雰囲気を良くして、応援して頂いている方に恩返しができるよう頑張る」と胸中を明かす。

地域の支え胸に

 同校の女子卓球部は、普段から中学生と高校生が一緒に練習。コーチとして指導にあたる小林秀行コーチは「先輩、後輩で刺激し合っているのが強み」と話す。また、部員たちは全員が自宅から通学。保護者や地域のサポートが大きな支えになっているという。小林コーチは「卓球だけでなく、人間形成の場でもある」と語った。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

30年以上無事故で表彰

平野靜男さん(南台在住)

30年以上無事故で表彰 社会

「絶対に急がない」運転を

10月22日号

地域クイズを独自発行

瀬谷第一地区連合町内会

地域クイズを独自発行 社会

コロナ禍の交流に一役

10月15日号

漫才と歌で詐欺撃退

漫才と歌で詐欺撃退 社会

警察や区、動画を配信

10月15日号

「おもてなし」再開

せやまるサポーター

「おもてなし」再開 コミュニティ社会

区庁舎案内、半年ぶりに

10月8日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 社会

将来の労働力不足に対策

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク