瀬谷区版 掲載号:2015年6月18日号
  • googleplus
  • LINE

長屋門寄席が200回 真打ちの落語を間近で

文化

(左から)春風亭柳之助さん、日向ひまわりさん、春風亭昇乃進さん(同園提供)
(左から)春風亭柳之助さん、日向ひまわりさん、春風亭昇乃進さん(同園提供)
 阿久和東の長屋門公園で22年前から行っている「長屋門寄席」。真打ちの落語を楽しめる場として、開始当初から休まず続き、6月20日で200回の節目を迎える。

 1992年の開園以来、農村生活の魅力を再生し、瀬谷・阿久和の風土を今に残す長屋門公園。趣のある蔵ギャラリーでの作品展や、囲炉裏を囲んでの寺子屋など、季節に合わせ、定期的に行事を行っている。

 その中の一つ、「長屋門寄席」は、開園当時から続く名物行事。江戸時代の庶民の様子を体験してもらおうと始まった。近い距離で楽しめるとあって、常連の人も多いという。

 出演する落語家は、春風亭柳之助さん、春風亭昇乃進さん、日向ひまわりさんの3人。今でこそ真打ちとして高座に上がり、多忙な日々を送る彼ら。同園事務局長の清水靖枝さんとは、前座時代に声をかけられて以来の付き合いだ。清水さんは、「3人は『長屋門にはお世話になっているから』と言って、変わらず出てくれる」と嬉しそうに語る。

 始めた当初は、高座中に観客から直接指摘されることも少なくなかった。「お客さんと一緒に成長し、互いにその成長を喜び合う場」と清水さん。

 3人が真打ちに昇進して以降は毎月開催をやめ、「四季落語」として年4回行っている。披露するのは古典落語や新作落語などさまざま。三味線の出囃子も加わり、雰囲気を盛り上げる。

 長屋門での活動が広がり、まちづくり交流として山形県で寄席を開いたこともあったという。

 200回という節目について清水さんは「あっという間だった」と話し、「地域でこれほど続いているのは珍しいのでは。瀬谷で寄席を体験できる場所があると、もっと知ってもらいたい」と呼び掛けた。

 夏の納涼寄席は6月20日午後2時から(有料)。詳細は同園【電話】045・364・7072へ。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク