瀬谷区版 掲載号:2015年6月25日号
  • googleplus
  • LINE

「落書きのない街へ」 有志らが消去活動

社会

瀬谷第二小周辺で作業を行うメンバー
瀬谷第二小周辺で作業を行うメンバー
 瀬谷区内の壁などに描かれた落書きを消し、きれいな景観を取り戻そうという活動が、瀬谷区の有志によって始まった。1回目は6月16日、瀬谷第二小近くの橋戸原ハイツ周辺で行われた。

 中心メンバーの石倉和樹さん(36)は、瀬谷第二小学校の卒業生。以前から、地域に落書きが増えてきたことが気になっていたという。「15年ほど前には既に(落書きは)あったと思う。学校も近く、これではいけないと思っていた」と話す。

 活動を始めるきっかけとなったのは、今年4月1日に施行された「横浜市落書き行為に関する条例」だった。これは市と市民、事業者に責務を定めることで、落書き防止を図るもの。落書きは治安悪化のバロメーターとされ、放置することでほかの犯罪を誘発することも考えられる。市は落書き防止の取り組みとして、公園施設の点検やパトロール、一部のトイレの壁画作成などを実施。そのほか、市民団体向けに消去溶剤の提供を行っている。

 石倉さんは、この消去溶剤の無料提供を知り、周囲の友人たちに呼び掛けたところ、賛同した4、5人が集まった。「自分は地元でペンキ屋をやっていて、ノウハウを知っている。ほかに落書きを消したいという人を手伝うこともできるのではと思った」

 1回目の活動は6月16日、瀬谷第二小周辺で行われた。コンクリートの壁にスプレー缶で書かれた落書きを、ワイヤーブラシやスクレーパーと呼ばれるヘら状の器具を使い、染みついた塗料を少しずつ除去。作業は半日ほどかけて行われ、終了時には目立たないほどまでになった。

 消す技術はあっても、材料費などに費用がかかるのがネックだったと言い、「市に消去溶剤を提供してもらえたおかげで活動のハードルが下がった」と石倉さん。今後は月2回、主に日曜日に作業を行っていく予定。まずは身近な瀬谷区から落書きを無くし、地域を広げていきたいとしている。

 落書きの消去方法が分からないという人には、石倉さんたちが指導することも考えていると言う。詳細は石倉さん【メール】shineikenbi@yahoo.co.jpへ。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク