瀬谷区版 掲載号:2015年7月30日号
  • googleplus
  • LINE

高校野球神奈川大会 隼人、3期連続8強 準々決勝 横浜に惜敗

スポーツ

試合後、言葉を交わす両校メンバー=24日
試合後、言葉を交わす両校メンバー=24日
 7月11日に開幕した第97回全国高校野球選手権神奈川大会で、準々決勝に駒を進めた横浜隼人=阿久和南=は24日、横浜に4―5で惜敗。昨秋と今春の県大会に続き、3期連続のベスト8進出を果たした。

 今夏限りで勇退する、渡辺元智監督率いる横浜との決戦。4―1で迎えた8回表、2点本塁打を浴びた林明良(あきら)投手(2年)に代わり、エース山口直也投手(3年)がマウンドを託された。「流れを切って味方の追加点につなげたい」。そう念じて腕を振ったが、スクイズと適時打で8、9回に1点ずつ失い勝ち越しを許した。1点を追う9回裏、隼人は2死から大堀純一選手(3年)が左前安打で逆転ムードを演出したが、反撃はそこまでだった。

 「(中三川主将が)メンバー外の選手にいつも『ありがとう』と声をかけてくれたり、部員157人の大所帯をよくまとめてくれた。みんなよく頑張った」と水谷哲也監督。試合中、三塁コーチャーとして声を出し続けた中三川航太郎主将(3年)は「能力のない自分についてきてくれたみんなに感謝している。メンバーとは一生付き合っていきたい」と涙ながら話した。

 林凌央(りょう)投手(2年)の父親で父母会長の泰浩さんは、「残念だが、できることは全てやり尽くした結果。人間性を磨くチームの伝統が、後輩たちに受け継がれていけば」と語った。

隼人グラウンドで、後輩に思いを託す3年生
隼人グラウンドで、後輩に思いを託す3年生

大成祭典 希望が丘葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

瀬谷西陸上部が部門賞

かながわ部活ドリーム大賞

瀬谷西陸上部が部門賞

2月15日号

「地元でライブ、嬉しい」

瀬谷高出身バンドQoN

「地元でライブ、嬉しい」

2月15日号

一足早く春の訪れ

市インスタの写真展示

90周年祝い式典

90周年祝い式典

2月15日号

千体の雛人形が一堂に

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク